コンテンツにスキップ

リューシアナッサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

リューシアナッサ古希: Λυσιάnassa, Lȳsianassa)は、ギリシア神話女神あるいは女性である。長母音を省略してリュシアナッサとも表記される。主に、

が知られている。以下に説明する。

ネーレーイス

[編集]

このリューシアナッサは、海の女神ネーレーイスの1人である。ヘーシオドスの『神統記』やアポロドーロスの『ビブリオテーケー』に名前が挙げられている[1][2]

エパポスの娘

[編集]

このリューシアナッサは、エジプトの王エパポスの娘で、リビュエーと姉妹[3][4]。アポロドーロスによると母の名はナイル河河神ネイロスの娘メムピス[3]ヒュギーヌスによるとカッシオペイアである[4]海神ポセイドーンとの間にブーシーリスを生んだが、彼女の息子は後に残虐なエジプト王となり、ヘーラクレースに退治された[5]

ポリュボスの娘

[編集]

このリューシアナッサは、シキュオーンの王ポリュボスの娘である。パウサニアスによるとアルゴスタラオスの妻で、アドラーストスの母[6]。同様の伝承を伝えているヘーロドトスはポリュボス王の娘の名前について言及していない[7]

プリアモスの娘

[編集]

このリューシアナッサは、ヒュギーヌスによるとトローイアの王プリアモスの娘の1人[8]

脚注

[編集]
  1. ^ ヘーシオドス、258行。
  2. ^ アポロドーロス、1巻2・7。
  3. ^ a b アポロドーロス、2巻1・4。
  4. ^ a b ヒュギーヌス、149話。
  5. ^ アポロドーロス、2巻5・11。
  6. ^ パウサニアス、2巻6・6。
  7. ^ ヘーロドトス、5巻67。
  8. ^ ヒュギーヌス、90話。

参考文献

[編集]