リビュエー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リビュエー (古希: Λιβύη, Libyē) は、ギリシア神話に登場する女性である。エパポスメムピスの娘で、ポセイドーンとの間に双子兄弟アゲーノールベーロスを産んだ。リビアの地名はリビュエーに由来する[1]

アフリカは彼女にちなみリビュエーと呼ばれた(のちに範囲が狭まりリビアとなった)。これから逆に、リュビエー、エウローペーヨーロッパ)、アシアーアジア)の3人は姉妹とも言われる[2]

系図[編集]

オーケアノス
 
テーテュース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーナコス
 
メリアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポローネウス
 
 
 
アイギアレウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーピス
 
ストリューモーン
 
 
 
 
ニオベー
 
ゼウス
 
アーソーポス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウアドネー
 
 
アルゴス
 
 
 
 
 
 
 
イスメーネー
 
ペラスゴス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エクバソス
 
ペイラース
 
エピダウロス
 
クリアーソス
 
 
イーアソス
 
 
 
リュカーオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゼウス
 
イーオー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルゴス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エパポス
 
メムピス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポセイドーン
 
リビュエー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リューシアナッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベーロス
 
アンキノエー
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
テーレパッサ
 
 
ブーシーリス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイギュプトス
 
ダナオス
 
ケーペウス
 
ピーネウス
 
カドモス
 
キリクス
 
ポイニクス
 
エウローペー
 

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、2巻1・4。
  2. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.301a

参考文献[編集]