ペガスス座ガンマ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペガスス座γ星[1]
Gamma Pegasi
星座 ペガスス座
視等級 (V) 2.84[1]
2.78 - 2.89(変光)[2]
変光星型 ケフェウス座β型変光星[1](BCEP)[2]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 00h 13m 14.15123s[1]
赤緯 (Dec, δ) +15° 11′ 00.9368″[1]
赤方偏移 0.000011[1]
視線速度 (Rv) 3.20km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 1.98 ミリ秒/年[1]
赤緯: -9.28 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 8.33 ± 0.53 ミリ秒[1]
距離 391.36 ± 26.59光年[注 1]
(120.05 ± 8.16パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) -2.557[注 2]
物理的性質
半径 4.5 R[3]
質量 7-10 M[3]
スペクトル分類 B2IV [1]
光度 4,000 L[3]
色指数 (B-V) -0.23[4]
色指数 (U-B) -0.87[4]
色指数 (R-I) -0.19[4]
別名称
別名称
ペガスス座88番星[1]
BD +14 14[1]
FK5 7[1], HD 886[1]
HIP 1067[1], HR 39[1]
SAO 91781[1]
■Project ■Template

ペガスス座γ星は、ペガスス座恒星で3等星。ペガススの大四辺形を形成する恒星では、唯一の3等星である。なお、古い史料(例えば 『フラムスティード星図』)では2等星にランクされていた[5]

特徴[編集]

青白いB型準巨星で、2.78 - 2.89等[6]の間を約0.152日周期で変光するケフェウス座β型脈動変光星でもある。

名称[編集]

固有名のアルゲニブ (Algenib) は、かつてはアルジェニブと表記されたこともあり[7]、Algemo と表記するものもある[8][9][10]。その語源に関しては、次の2説がある:

  • ペルセウス座α星に与えられた Algenib から誤って命名されたとするもの[11]。この説ではアラビア語al-janb ([アル=ヂャンブ]、「脇腹」の意)が語源となる[8][11]
  • 「馬(ペガスス座のこと)の翼」から来たとするもの。この説ではアラビア語の al-janāh ([アル=ヂャナーハ]、「翼」の意)が語源となる[8]

かつてはペルセウス座α星も同じアルゲニブという固有名でも呼ばれていたが、2016年6月30日に国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、Argenib をペガスス座γ星の固有名として承認し、同年7月20日に Mirfak をペルセウス座α星の固有名として承認した[12]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s SIMBAD Astronomical Database”. Results for V* gam Peg. 2014年6月16日閲覧。
  2. ^ a b GCVS”. Results for gam Peg. 2015年10月12日閲覧。
  3. ^ a b c Kaler, James "Jim" B.. “Algenib”. Portraits of Stars and their Constellations. 2016年9月25日閲覧。
  4. ^ a b c 輝星星表第5版
  5. ^ 恒星社 編 『フラムスチード天球図譜』(新装版)、恒星社恒星閣、1980年(初版:1943年)、図版16。
  6. ^ Samus, N.N., Durlevich, O.V. et al., Combined General Catalogue of Variable Stars, Institute of Astronomy of Russian Academy of Sciences and Sternberg State Astronomical Institute of the Moscow State University, 2004[1]による。『BS 星表』(第5版)では、2.80 - 2.87等[2]
  7. ^ 弓 滋 「教材としての星座早見の作り方」 野尻抱影 編 『星座』〈新天文学講座1〉(再版)、恒星社厚生閣、1958(初版:1957年)年、271頁、注2。
  8. ^ a b c Richard Hinckley Allen (1899), Star Names - Their Lore and Meaning, p. 326, http://penelope.uchicago.edu/Thayer/E/Gazetteer/Topics/astronomy/_Texts/secondary/ALLSTA/Pegasus*.html 2014年8月25日閲覧。 
  9. ^ 鈴木駿太郎 『星の事典』(改訂2版)、恒星社厚生閣、1979年(初版:1968年)、195頁。
  10. ^ 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、192頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  11. ^ a b Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern Star Names. Sky Publishing. p. 47. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  12. ^ IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年9月24日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 星図 00h 13m 14.15123s, +15° 11′ 00.9368″