NGC 772

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NGC 772
NGC772 SN2003hl SN2003iq 6223 Dahl.jpg
NGC 772と2つの超新星(SN 2003 hlとSN 2003 iq)とダール (小惑星)
星座 おひつじ座
視等級 (V) 11.1[1]
視直径 7′.2 × 4′.3[1]
分類 SA(s)b[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 01h 59m 19.6s[1]
赤緯 (Dec, δ) +19° 00′ 27″[1]
赤方偏移 2472 ± 3 km/s[1]
距離 1億3000万光年
別名称
別名称
UGC 1466[1],PGC 7525[1],Arp 78[1]
■Project ■Template

NGC 772は、おひつじ座の方角に約1億3000万光年離れた位置にある非棒状渦巻銀河である。

特徴[編集]

NGC 772の直径は約20万光年以上で、銀河系の2倍以上大きく[2]矮小楕円銀河NGC 770を含むいくつかの伴銀河に囲まれている。恐らくその潮汐作用のため渦状腕の1本が非常に引き伸ばされており、ホルトン・アープの編纂した特異銀河アトラスArp78として収録され、「小さな高表面輝度の伴銀河を持つ渦巻銀河」と説明されている。

NGC 772の中で、2つの超新星SN 2003 hlSN 2003 iq)が発見されている。

恐らくHII領域を持つが、過渡期にある[3]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for NGC 772. 2006年11月25日閲覧。
  2. ^ Rhee, M. H.; van Albada, T. S. (February 1996). "Short WSRT HI observations of spiral galaxies.". Astronomy and Astrophysics Supplement 115: 407–437. Bibcode:1996A&AS..115..407R. 
  3. ^ Ho, Luis C.; Filippenko, Alexei V.; Sargent, Wallace L. W. (October 1997). "A Search for "Dwarf" Seyfert Nuclei. III. Spectroscopic Parameters and Properties of the Host Galaxies". Astrophysical Journal Supplement 112 (2): 315–390. arXiv:astro-ph/9704107. Bibcode:1997ApJS..112..315H. doi:10.1086/313041. 

外部リンク[編集]

座標: 星図 01h 59m 19.6s, +19º 00' 27''