ティーガーデン星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ティーガーデン星
Teegarden's star[1]
星座 おひつじ座
視等級 (V) 15.40[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 02h 53m 00.849s[1]
赤緯 (Dec, δ) +16° 52′ 53.28″[1]
赤方偏移 0.000210[1]
視線速度 (Rv) 63 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 3386 ミリ秒/年[1]
赤緯: -3747 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 260.63 ± 2.69 ミリ秒[1]
距離 12.51 ± 0.13光年[注 1]
(3.84 ± 0.04パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) 17.480[注 2]
物理的性質
スペクトル分類 M8/9V [1]
色指数 (B-V) 1.81[1]
別名称
別名称
SO J025300.5+165258[1]
■Project ■Template

ティーガーデン星 (Teegarden's star) は、太陽から12.5光年の距離に存在する赤色矮星

質量は太陽の8パーセントほどで非常に暗い恒星である。

この恒星は2003年にNASANEATのデータから天文学者のチームが発見した[2]

ティーガーデンの名は発見チームを率いていた Bonnard J. Teegarden に由来している。

距離と性質[編集]

発見当初、この恒星は年周視差の測定値に基づいて7.8±2.0光年の距離に存在すると考えられ、標準的な主系列星のモデルから外れた特殊な天体の可能性があるとされていた。もしこの値が正しければティーガーデン星は太陽から三番目に近い恒星となっていた。

一方で、恒星の物理的性質を考慮すると、ティーガーデン星は当初の予想より光度が大きい代わりに遠くに存在する天体と考えた方が自然だという説も存在した。そして2006年には新しい年周視差の測定でも後者の説を支持する結果が得られ、ティーガーデン星は12.5光年前後の距離にある、非常に暗いが標準的な赤色矮星であると結論付けられた[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m SIMBAD Astronomical Database”. Results for GAT 1370. 2015年10月12日閲覧。
  2. ^ Teegarden, B. J. et al. (2003). “Discovery of a New Nearby Star”. The Astrophysical Journal 589 (1): L51-L53. doi:10.1086/375803. http://ads.nao.ac.jp/abs/2003ApJ...589L..51T. 
  3. ^ Henry, T. J. et al. (2006). “The Solar Neighborhood. XVII. Parallax Results from the CTIOPI 0.9 m Program: 20 New Members of the RECONS 10 Parsec Sample”. The Astronomical Journal 132 (6): 2360-2371. doi:10.1086/508233. http://ads.nao.ac.jp/abs/2006AJ....132.2360H. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]