おひつじ座TZ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おひつじ座TZ星
TZ Arietis
星座 おひつじ座
視等級 (V) 12.298[1]
変光星型 くじら座UV型[2]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 02h 00m 12.959s[1]
赤緯 (Dec, δ) +13° 03′ 07.01″[1]
視線速度 (Rv) -28.308 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 1,092.0 ミリ秒/[1]
赤緯: -1,772.9 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 223.8 ± 2.9 ミリ秒[3]
距離 14.6 ± 0.2 光年
(4.47 ± 0.06 パーセク
絶対等級 (MV) 14.11
物理的性質
半径 0.152 R[4]
質量 0.174 M[4]
表面重力 100 G[5]
自転速度 < 2.5 km/s[6]
自転周期 0.52 [7]
スペクトル分類 M4.9 V[4]
光度 0.0020 L[8]
表面温度 3,165 K[4]
色指数 (B-V) 1.8
色指数 (U-B) 1.39
金属量[Fe/H] -0.14(太陽比)[8]
年齢 2.2 ×109[4]
別名称
別名称
, グリーゼ83.1, ギクラス 3-33, GCTP 412.02, ルイテン1159-16, Rob 95, Wo 9066, LHS 11, LCC 0430.
Template (ノート 解説) ■Project

おひつじ座TZ星 (TZ Arietis) は、おひつじ座の方角にある赤色矮星である。この恒星太陽から14.7光年と比較的近い位置にいるが、光度が低く12等級にしかならないため、肉眼では見ることができない。閃光星であり、短期間、急に明るくなることがある。

大きさの比較
太陽 おひつじ座TZ星
太陽 Exoplanet

経緯[編集]

固有運動が大きい恒星として、ルイテンギクラスのカタログに収録されたことから[9]、存在が知られるようになり、年周視差の測定が行われていたが、当初はそれ以上に関心が持たれる恒星ではなかった[10]

1968年セロ・トロロ汎米天文台の60インチ望遠鏡による観測で、この恒星が急激に増光したことが発見された[11]。明るさが最大になった後の減光のしかたから、しし座AD星に似ているとわかり、閃光星ではないかとされた。その後、変光星の命名規則に従い、「おひつじ座TZ星」という変光星名が付与された[12]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f GJ 83.1 -- Flare Star”. SIMBAD. CDS. 2017年4月21日閲覧。
  2. ^ VSX: Detail for TZ Ari”. AAVSO. 2017年4月21日閲覧。
  3. ^ Gliese, W.; Jahreiß, H. (1991), Preliminary Version of the Third Catalogue of Nearby Stars, Bibcode 1991adc..rept.....G 
  4. ^ a b c d e Mann, Andrew W.; et al. (2015-05), “How to Constrain Your M Dwarf: Measuring Effective Temperature, Bolometric Luminosity, Mass, and Radius”, Astrophysical Journal 804 (1): 64, Bibcode 2015ApJ...804...64M, doi:10.1088/0004-637X/804/1/64 
  5. ^ Lépine, Sébastien; et al. (2013-04), “A Spectroscopic Catalog of the Brightest (J < 9) M Dwarfs in the Northern Sky”, Astronomical Journal 145 (4): 102, Bibcode 2013AJ....145..102L, doi:10.1088/0004-6256/145/4/102 
  6. ^ Reiners, Ansgar; Joshi, Nandan; Goldman, Bertrand (2012-04), “A Catalog of Rotation and Activity in Early-M Stars”, Astronomical Journal 143 (4): 93, Bibcode 2012AJ....143...93R, doi:10.1088/0004-6256/143/4/93 
  7. ^ Pizzolato, N.; et al. (2003-01), “The stellar activity-rotation relationship revisited: Dependence of saturated and non-saturated X-ray emission regimes on stellar mass for late-type dwarfs”, Astronomy and Astrophysics 397: 147-157, Bibcode 2003A&A...397..147P, doi:10.1051/0004-6361:20021560 
  8. ^ a b Newton, Elizabeth R.; et al. (2015-02), “An Empirical Calibration to Estimate Cool Dwarf Fundamental Parameters from H-band Spectra”, Astrophysical Journal 800 (2): 85, Bibcode 2015ApJ...800...85N, doi:10.1088/0004-637X/800/2/85 
  9. ^ Giclas, Henry L.; Slaughter, C. D.; Burnham, Robert, Bulletin / Lowell Observatory 4: 136-251, Bibcode 1959LowOB...4..136G 
  10. ^ Lippincott, Sarah Lee; Yang, Chao-Yuan (1967-09), “Parallaxes and proper motions of six nearby stars from photographs taken with the 24-inch Sproul refractor”, Astronomical Journal 72: 840-847, Bibcode 1967AJ.....72..840L, doi:10.1086/110349 
  11. ^ Kunkel, W. E. (1968-08), “Observations of the Flare Stars G3-33 and G24-16”, Information Bulletin on Variable Stars 294: 1, Bibcode 1968IBVS..294....1K 
  12. ^ Kukarkin, B. V.; Kholopov, P. N.; Perova, N. B. (1970-10-30), “57th Name-List of Variable Stars”, Information Bulletin on Variable Stars 480: 1, Bibcode 1970IBVS..480....1K 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 星図 02h 00m 12.959s, +13° 03′ 07.01″