ノーマン・ロッキャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーマン・ロッキャー
(Sir Joseph Norman Lockyer)
ノーマン・ロッキャー
人物情報
生誕 1836年5月17日
イギリスの旗 イギリス ウォリックシャーラグビー
死没 1920年8月16日(満84歳没)
イギリスの旗 イギリス
学問
研究分野 天文学
研究機関 太陽物理研究所
主な業績 ヘリウムの発見
ネイチャーの創刊
テンプレートを表示

ノーマン・ロッキャーSir Joseph Norman Lockyer1836年5月17日 - 1920年8月16日)は、イギリス天文学者である。太陽の観測を行ったことで有名。フランスの化学者、ピエール・ジャンサンとともに太陽光のスペクトル線のなかにヘリウムのスペクトルを発見した。

経歴[編集]

ウォリックシャーラグビーに生まれた。軍の役人になった後、特に太陽の観測に熱心な天体観測者になり、最終的にロンドン、ケンジントンの太陽物理研究所に勤めた。太陽の黒点の研究などが有名である。

1860年代に天体のガス成分の分析に分光学の技術を用いた。太陽のスペクトル中にこれまで知られていなかった黄色のスペクトル線を発見し太陽のなかに未知の元素があると結論した。ギリシャ語の太陽をしめす言葉 helios からヘリウムとなづけた。

1869年、総合学術雑誌「ネイチャー」を創刊。死ぬ直前まで編集に携わった。1881年から王立科学大学(現在のインペリアル・カレッジ・ロンドン)で天文学の教授を務めた。

1911年に引退した後、デボンシャーHill Observatoryをたてた。没後、ノーマン・ロッキャー天文台と命名され、エクセター大学で運営されていたが、現在はNorman Lockyer Observatory Societyが運営している。