シュロスのペレキュデース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シュロスのペレキュデース
ペレキュデース
生誕 紀元前580年頃
死没 紀元前520年頃
時代 ソクラテス前
地域 西洋哲学
学派 ソクラテス前の哲学
研究分野 宇宙進化論神話学神学
主な概念 輪廻転生
テンプレートを表示

シュロスのペレキュデース (ギリシャ語: Φερεκύδης ὁ Σύριος)はギリシアのシロス島出身の紀元前6世紀に活躍した思想家である。 ペレキュデースは『ペンテミュコス』(ギリシャ語: Πεντέμυχος、「五つの奥底」の意味、別題として『ヘプタミュコス』)として知られる、ザース(ゼウス)、クトニオス(地球)、クロノス(時間)の3神の思想から派生した宇宙進化論を記した。これはヘーシオドスの神話学の思想とソクラテス以前哲学との間の懸け橋となった。彼の著作は現存していないが、ヘレニズム時代には残存しており、その内容の一部を二次的に知ることができる。ペレキュデースは散文で哲学的瞑想を伝えた最初の作家だと言われた。William (ca. 1896)によると「アリストテレスは彼をある程度神話学の作家とみなし、他の多くの作家だけでなくプルタルコスも同様に神学者の称号を与えた」という[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • PD-icon.svg Baynes, T.S.; Smith, W.R., eds. (1885), "Pherecydes Of Syros", Encyclopaedia Britannica (英語), 18 (9th ed.)
  • Granger, Herbert (2007), “The Theologian Pherecydes of Syros and the Early Days of Natural Philosophy”, Harvard Studies in Classical Philology 103: 135–163, JSTOR 30032221, https://jstor.org/stable/30032221 
  • Smith, William; Chetham, Wace Anthon, eds. (1896), Smiths Dictionaries Continuation Bible Dictionary Christian Church, Greek-Roman Classics, Atlas, p. 258, https://archive.org/stream/SmithsDictionariesContinuationBibleDictionaryChristianChurchGreek-roman/13.DictGrekRomBiogMyth.VarWrit.v3.O..Z.Smith.Illus.Lond.Murr.1890._djvu.txt 

関連項目[編集]