一見理沙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 柔道
ユニバーシアード
1999 パルマ・デ・マヨルカ 63kg級
東アジア大会
1997 釜山 66kg級
世界ジュニア
1996 ポルト 66kg級

一見 理沙(かずみ りさ、1978年4月24日 - )は、茨城県ひたちなか市出身の日本柔道家。階級は63kg級と66kg級。身長167cm。得意技は大外刈[1]

経歴[編集]

柔道は大島中学に入学してから始めた。3年の時には全国中学校柔道大会の56kg超級で決勝まで進むも、夙川学院中学1年の薪谷翠横四方固で敗れた[2]土浦日本大学高等学校に入学後、高校2年の時に全国女子体重別66kg級で住友海上木本奈美を判定で破って優勝したことにより、オリンピック代表候補として一躍脚光を浴びることになった[2]。続く全国高等学校柔道選手権大会では決勝で旭川南高校2年の上野雅恵腕挫十字固で破って優勝した[2]

3年の時には選抜体重別の決勝で横浜そごう松尾徳子を指導で破って優勝したことにより、高校生ながらアトランタオリンピック代表に選出された[2]。オリンピックでは初戦でチェコのラドサ・ストゥサコバを横四方固で破るも、2戦目で台湾の呉玫玲に開始10秒の大外返であっけなく敗れた[3]。オリンピック直後に出場したインターハイ団体戦では決勝で湊川女子高校と対戦すると、前田桂子大内刈で破ってチームの優勝に貢献した[4]世界ジュニアでは初戦でオランダのエディス・ボッシュに敗れるも敗者復活戦で3位になった。なお、52kg級に出場した高校の同級生の中谷美保子は優勝を飾った[5]

1997年には筑波大学に進学すると、1年の時には東アジア大会で3位だったが、正力杯では優勝した。全国女子体重別では2年ぶり2度目の優勝を飾った[1]。その後、階級制度が変更されると63kg級の選手となり、福岡国際ドイツ国際 で2位になった[1]。 2年の時には体重別で2年ぶり2度目の優勝を飾るが、ワールドカップ国別団体戦では5位にとどまった[1]。 3年の時には体重別の決勝で大学の1年後輩である前田に敗れて2位だった。ユニバーシアードでは3位だったが、全国女子体重別では3度目の優勝を飾った[1]。 2001年には大学を卒業してコマツの所属となった。体重別の決勝では大学の3年後輩である谷本歩実に敗れた[1]

引退後の2007年には柔道整復師と結婚した[6]

主な戦績[編集]

(出典[1][2]JudoInside.com)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 「平成12年後期男女強化選手名鑑」近代柔道 ベースボールマガジン社、2001年2月号
  2. ^ a b c d e 「ZOOM IN 素顔 一見理沙」近代柔道 ベースボールマガジン社、1996年5月号、57-59頁
  3. ^ 「第26回オリンピックアトランタ大会柔道競技」近代柔道 ベースボールマガジン社、1996年9月号、40頁
  4. ^ 「第45回全国高等学校柔道大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、1996年10月号
  5. ^ 「世界ジュニア選手権大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、1996年12月号
  6. ^ おまけ - 米田柔整専門学校

外部リンク[編集]