田中志歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 志歩
基本情報
ラテン文字 TANAKA, Shiho
原語表記 たなか しほ
日本の旗 日本
出生地 山口県光市
生年月日 (1998-06-29) 1998年6月29日(23歳)
身長 171cm
選手情報
階級 女子70kg級
所属 東日本旅客鉄道
段位 初段
獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
グランドスラム
2022 テルアビブ 70kg級
2019 エカテリンブルグ 70kg級
2021 アブダビ 70kg級
2017 東京 70kg級
アジア大会団体戦
2018 ジャカルタ 70kg級
アジアパシフィック選手権
2019 フジャイラ 70kg級
ユニバーシアード
2019 ナポリ 70kg級
2021年12月25日現在
テンプレートを表示

田中 志歩(たなか しほ、1998年6月29日 - )は、日本女子柔道及びレスリング選手である。山口県光市出身。階級は70kg級。身長171cm。血液型はO型。段位は弐段。組み手は右組み。得意技は大内刈[1]。兄は100kg超級で活躍している田中源大[2]

経歴[編集]

国体相撲競技で入賞したことがあり、柔道経験もある父及び兄の影響を受けて、柔道は5歳の時に田布施スポーツ少年団で始めた。その後に2歳年下の妹も始めた。なお、母親はバレーボールの実業団で活躍していた[1][3][4][5]。小学校5年からはレスリングも始めて、徳山大学内のヤマグチジュニアアスリートアカデミー「ファイブスター」の1期生となって練習を積むことになった[6]高川学園中学1年の時には近代柔道杯で2位となった[1]。2年の時にはレスリングのジュニアクイーンズカップ中学の部52kg級で3位となった[7]。3年の時には全国中学校柔道大会の団体戦で5位だった[1]

聖光高校に進むと、柔道は部活の練習で週6度、レスリングは「ファイブスター」で週3度取り組むことになった。1年の時にはレスリングのジュニアオリンピックカデットの部65kg級で優勝を飾った[7]。柔道の全国高校選手権63kg級では準決勝で桐蔭学園高校2年の嶺井美穂横四方固で敗れて3位だった[1]。 2年の時にはレスリングのジュニアクイーンズカップカデットの部65kg級で優勝すると、世界カデット選手権では3位になった[2][7][8]。 その後は柔道一本に絞ることに決めた。全国高校選手権では決勝で創志学園高校2年の三浦裕香理と対戦すると、GSに入ってから指導を取られて敗れた[1][9]。その後、減量がきついために階級を70kg級に上げると、3年の時にはインターハイ決勝で淑徳高校3年の西願寺里保を小内刈の有効で破って優勝を飾った[10]全日本ジュニアでは3位だった[1][11]。なお、高校時代はおちゃめで不思議な雰囲気を持ったクラスのアイドル的存在だった。加えて、が好きなので制服に虫が張り付いても全く動じないという[3]

2017年にはバルセロナオリンピック71kg級金メダリストの古賀稔彦が総監督を務める環太平洋大学へ進学した。古賀は田中のことを東京オリンピックでの活躍が期待できると高く評価している[3]。1年の時には優勝大会準決勝の筑波大学戦で63kg級の津金恵内股で敗れて3位だった[12]学生体重別では決勝で山梨学院大学3年の新添左季に内股で敗れた[13]体重別団体では決勝の山梨学院大学戦で新添と引き分けるとチームも2位に終わった[14]講道館杯では決勝で新添にGSに入ってから指導2で敗れて2位にとどまったが、グランドスラム・東京の出場権を得た[15][16]グランドスラム・東京では準決勝でコマツ大野陽子に反則負けするが、3位決定戦でフランスのマリー=エヴ・ガイエ大内刈で一本勝ちして3位になった[17]グランドスラム・エカテリンブルグでは準決勝で地元ロシアのタイシア・キレエワに腕挫十字固で敗れると、3位決定戦でもブラジルのバルバラ・ティモに技ありで敗れて5位にとどまった[18][19]

2年の時には4月の体重別準決勝で、世界チャンピオンである三井住友海上新井千鶴縦四方固で敗れて3位だった[20]。なお、アジア大会の団体戦代表には選ばれた[21]。6月の優勝大会では初戦で桐蔭横浜大学と対戦すると、63kg級の嶺井美穂と引き分けるもチームは敗れた[22]。9月のアジア大会男女混合団体戦では準決勝の中国戦と決勝のカザフスタン戦に出場して、ともに一本勝ちを収めてチームの優勝に貢献した。この際に、「自分の仕事をやってこられた。優勝してうれしかった。寝技も立ち技も、最後まで決められて良かった」と語った[23][24]。11月の講道館杯では決勝で桐蔭横浜大学1年の朝飛七海をGS含めて10分近い戦いの末に大内返で破って優勝した[25][26]。続くグランドスラム・大阪では2回戦でスウェーデンのアンナ・ベルンホルムに腕挫十字固で敗れた[27]。 2019年3月のグランドスラム・エカテリンブルグでは準決勝でブラジルのマリア・ポルテラに反則負けするも、3位決定戦でドイツのラウラ・ヴァルガス=コッホ払腰で破って3位になった[28][29]

3年の時には4月の体重別準決勝で新添に払腰で敗れて3位だった[30]。続くアジアパシフィック柔道選手権では決勝でウズベキスタンのグルノザ・マトニヤゾワGSに入ってから反則勝ちして優勝を飾った[31][32]。団体戦でも決勝の韓国戦で韓喜主に隅返の技ありで勝利してチームの優勝に貢献した[33][34]。6月の優勝大会では3位だった[35]。7月のユニバーシアードでは決勝でロシアのマディナ・タイマゾワを内股で破ったのを始め、5試合オール一本勝ちして優勝を飾った[36]。3点先取による方式で争われた団体戦でも優勝したが、初戦から決勝まで前3人が勝利を決めたことで一度も出番がなかった[37][38]。10月の体重別団体では3位だった[14]。11月の講道館杯では準決勝で新添を大内刈、決勝では大学の先輩であるJR東日本の宇野友紀子に反則勝ちして2連覇を達成した[15][39][40]グランドスラム・大阪では初戦でベネズエラのエルビスマル・ロドリゲス支釣込足で敗れた[41]。2020年3月にはグランドスラム・エカテリンブルグに出場予定だったが、新型コロナウイルスの影響により全柔連が選手派遣を取り止めたために出場しなかった[42][43]

4年の時には10月の講道館杯決勝で桐蔭横浜大学4年の寺田宇多菜袈裟固で敗れて、今大会3連覇はならなかった[15][44]

2021年4月からはJR東日本の所属となり、オリンピックの70㎏級で2度メダルを獲得して世界選手権では3度優勝を果たしたジュリ・アルベアルを指導していた早川憲幸の指導を受けることにもなった[1][45]体重別では初戦で桐蔭横浜大学2年の朝飛真実払腰で敗れた[46]。11月のグランドスラム・アブダビでは準決勝でガイエを技ありで破るも、決勝でドイツのジョヴァンナ・スコッチマッロに技ありで敗れて2位だった[47][48]。12月の全日本選手権では準々決勝で三井住友海上桑形萌花に反則勝ち、準決勝では同じ階級の同僚である寺田宇多菜を有効で破ると、決勝では78㎏超級の選手である東海大学3年の児玉ひかるを9分30秒の戦いの末に反則勝ちで破り、70㎏級の選手ながら優勝を果たした。なお、今大会の第1回で優勝した61㎏級の八戸かおりに次いで軽いクラスでの優勝となった[45][49][50]

2022年2月のグランドスラム・テルアビブでは2回戦でフランスのマルゴー・ピノに反則勝ち、準々決勝でロドリゲスを技ありで破るなどして決勝まで進むと、東京オリンピック銅メダリストであるオランダのサンネ・ファンデイケを技ありで破って、IJFワールド柔道ツアー初優勝を飾った[51][52]。4月の体重別では準決勝で大野、決勝で寺田にそれぞれ反則勝ちするなどオール一本勝ちして優勝した。また、世界選手権代表に選ばれた[53][54][55][56]。続く全日本選手権には出場しなかった[57]

IJF世界ランキングは1388ポイント獲得で38位(22/4/11現在)[58]

戦績[編集]

柔道

(出典[1]、JudoInside.com)。

レスリング

(出典[7])。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 「柔道全日本強化選手名鑑 2022」近代柔道 ベースボールマガジン社、2022年4月号
  2. ^ a b 柔道3位に続きレスリング全国V 田中さん(聖光高)活躍  山口新聞 2015年4月9日
  3. ^ a b c 「田中志歩」に関連する情報
  4. ^ 田中さん姉妹、全国で活躍 山口新聞 2015年4月10日
  5. ^ [りれーとーく 287] ベースボールマガジン社、2022年1月号 98頁
  6. ^ 県高校総体優勝 聖光の田中主将 柔道一本に日本一目標 山口新聞 2016年6月6日
  7. ^ a b c d JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース 田中志歩
  8. ^ レスリング:世界カデット選手権 聖光高2年・田中志歩さん、銅メダル栄冠 柔道部でも活躍 /山口 毎日新聞 2015年9月10日
  9. ^ 全国高等学校柔道選手権大会
  10. ^ 高校総体:柔道女子70キロ級で優勝 光市聖光高3年・田中志歩選手、市長に報告 目指すは東京五輪 毎日新聞 2016年8月24日
  11. ^ 全日本ジュニア柔道体重別選手権大会
  12. ^ 全日本学生柔道優勝大会
  13. ^ 全日本学生柔道体重別選手権大会
  14. ^ a b 全日本学生柔道体重別団体優勝大会
  15. ^ a b c 講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
  16. ^ 田中 志歩
  17. ^ Grand Slam Tokyo 2017
  18. ^ 藤原、太田、高山が優勝 GSエカテリンブルク大会/柔道 サンケイスポーツ 2018年3月19日
  19. ^ Grand Slam Ekaterinburg 2018
  20. ^ 平成30年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  21. ^ アジア大会の女子代表に素根、近藤ら 全日本柔道連盟が発表/柔道 サンケイスポーツ 2018年4月22日
  22. ^ 全日本学生優勝大会
  23. ^ 柔道混合団体、日本が優勝 アジア大会 日本経済新聞 2018年9月1日
  24. ^ 日本、柔道混合団体で優勝/アジア大会 サンケイスポーツ 2018年9月1日
  25. ^ 男子73キロ級、立川がV3 柔道講道館杯 日本経済新聞 2018年11月3日
  26. ^ 20歳の田中、レスリングの経験生かす/柔道 サンケイスポーツ 2018年11月3日
  27. ^ Grand-Slam Osaka 2018
  28. ^ 永瀬2位、田中は3位 GSエカテリンブルク大会/柔道 サンケイスポーツ 2019年3月16日
  29. ^ Grand-Slam Ekaterinburg 2019
  30. ^ 平成31年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  31. ^ 田中が優勝=柔道アジア・パシフィック 時事通信 2019年4月22日
  32. ^ Asian Pacific Championship Seniors 2019
  33. ^ 日本、混合団体で優勝 柔道のアジア・パシフィック選手権 日本経済新聞 2019年4月24日
  34. ^ 2019年アジアパシフィック選手権大会(UAE/フジャイラ)大会結果
  35. ^ 全日本学生柔道優勝大会
  36. ^ 柔道女子70キロ級の田中が全て一本で金、「絶対に勝たないといけない」ユニバーシアード 産経新聞 2019年7月5日
  37. ^ 体操女子の畠田瞳が4冠 柔道団体女子、ラグビーV/夏季ユニバ サンケイスポーツ 2019年7月8日
  38. ^ Judo Documents
  39. ^ 梅木が女子78キロ級連覇=男子は原田ら初V-講道館杯柔道 時事通信 2019年11月2日
  40. ^ 2019年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
  41. ^ 柔道グランドスラム大阪2019
  42. ^ GS大会への派遣中止 柔道、新型コロナ拡大で 日本経済新聞 2020年3月5日
  43. ^ List of competitors -70 kg
  44. ^ 2020年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
  45. ^ a b 早川憲幸コーチ、豊富な経験で快挙後押し 田中志歩「柔道の奥深さを教えてもらっている」 サンケイスポーツ 2021年12月25日
  46. ^ 2021年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  47. ^ 田中志歩が2位 柔道GS 時事通信 2021年11月28日
  48. ^ Abu Dhabi Grand Slam 2021
  49. ^ 23歳の田中志歩が初優勝 9分30秒の熱戦、児玉ひかる破る/柔道 サンケイスポーツ 2021年12月25日
  50. ^ 第36回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
  51. ^ 田中志歩、堀川恵が優勝 グランドスラム・テルアビブ大会/柔道 サンケイスポーツ 2022年2月19日
  52. ^ Japan Back in the Race
  53. ^ 浜田尚里、渡名喜風南ら優勝 阿部詩は準決勝を棄権―選抜体重別柔道 NHK 2022年4月2日
  54. ^ 柔道 世界選手権 女子代表に阿部詩や浜田尚里など7人 NHK 2022年4月2日
  55. ^ 田中志歩 女子70キロ級初制覇、延長制した 東京五輪金・新井の後継名乗り スポーツニッポン 2022年4月2日
  56. ^ 2022年全日本選抜柔道体重別選手権大会
  57. ^ 第37回皇后盃全日本女子柔道選手権大会
  58. ^ World ranking list

外部リンク[編集]