渡辺涼子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 柔道
世界柔道選手権
1986 マーストリヒト 61kg級
1991 バルセロナ 66kg級
アジア大会
1990 北京 66kg級
アジア柔道選手権
1991 大阪 66kg級

渡辺 涼子(わたなべ りょうこ、1966年4月18日 -)は日本柔道家金沢学院大学スポーツ健康学部教授。現役時代は66kg級の選手。身長169cm。得意技は大外刈。

人物[編集]

岡山県倉敷市出身。小学校4年の時に柔道を始める。中学高校の時には学校に柔道部がなかったので陸上部に所属して、柔道は児島武道館で稽古した[1]児島高校から筑波大学に進学後、大学2年の時には61kg級で世界3位となった。その後階級を66kgに上げて、1991年の世界選手権では3位となった。翌年の体重別では決勝で佐々木光に1-2の微妙な判定で敗れるも、オリンピック代表に選ばれるが初戦で敗れた。1993年の世界選手権でも初戦で敗れて引退した。その後、柔道の元強化選手である渡辺直勇と結婚した。また、金沢学院大学スポーツ健康学部教授となる一方で、全日本の女子ジュニアコーチも務めた[2]。2016年9月には新たに全日本の女子強化副委員長に就任した。任期は2020年の東京オリンピックまでとなる[3]

主な戦績[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]