藤田省三 (思想史家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤田 省三(ふじた しょうぞう、1927年9月17日 - 2003年5月28日)は、日本の政治学者(日本政治思想史)。東京大学法学部卒業。法政大学法学部教授。戦後を代表する左派系の思想史家。 

経歴[編集]

丸山眞男の弟子で、寡作ではあるが丸山学派を代表する。天皇制国家の構造分析は戦後思想史において画期的意味をもちつづける。鶴見俊輔らとともに行った『共同研究 転向』では中心的役割を果す。みすず書房から『藤田省三著作集』が刊行されている。

愛媛県出身。敗戦で陸軍予備士官学校から大三島に帰郷していた18歳の時、今治市の書店で丸山の「軍国支配者の精神形態」を読んだことが、役人養成の東大法学部ではなく、「丸山ゼミ」に入学するきっかけとなる。

直腸癌肺炎で死去、「西多摩再生の森」で自然葬された。葬送の自由をすすめる会会員。

年譜[編集]

思想[編集]

  • 「天皇制国家の支配原理」では丸山の天皇制論を引き継ぎ、明快に論じた。ただし未完。
  • 「維新の精神」では、明治百年を控えて、維新の原動力は尊王思想などではなく、脱藩した志士の横議・横断にあったと説く。
  • 「精神史的考察」では道端で隠れん坊遊びが見られなくなった、といった身近な話題に始まり精神史の深みに至る。

現代の高度技術経済を支えている精神的基盤は、不快や困難を引き起こす物や事態を避け、そして殲滅しようとする安楽への欲求である。不快や困難が欠如した状態である安楽を中心価値として、ほかのすべての価値をそれに従属させる結果、安楽以外のすべての価値や経験を解体し、ひたすら安楽を求めていく新種のニヒリズムが、現代の日本を支配している。困難や不快を感じさせる事態や物との交渉である経験が無意味となり、その克服から生じる喜びという感情も消滅し始めた[1]

著作[編集]

単著
『藤田省三著作集』(みすず書房, 1997年-1998年)

1巻「天皇制国家の支配原理」

2巻「転向の思想史的研究」

3巻「現代史断章」

4巻「維新の精神」

5巻「精神史的考察」

6巻「全体主義の時代経験」

7巻「戦後精神の経験(1)」

8巻「戦後精神の経験(2)」

9巻「『写真と社会』小史」

10巻「異端論断章」

共著

脚注[編集]

  1. ^ 筑摩書房『高校生のための現代思想エッセンス ちくま評論選』藤田省三著 「安楽」への全体主義(みすず書房『全体主義の時代経験』による) 要旨