青野勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青野 勝
あおの まさる
生年月日 (1957-01-12) 1957年1月12日(62歳)
出生地 愛媛県西条市
出身校 慶應義塾大学経済学部
前職 愛媛県西条市長
所属政党 無所属
称号 経済学士

当選回数 1回
在任期間 2012年11月28日 - 2016年11月27日

選挙区 西条市選挙区
当選回数 2回
在任期間 2007年4月30日 - 2012年
テンプレートを表示

青野 勝(あおの まさる、1957年1月12日 - )は、日本政治家。元愛媛県西条市長(1期)。 元愛媛県議会議員、旧東予市長。

経歴[編集]

愛媛県西条市出身。愛媛県立今治西高等学校慶應義塾大学経済学部卒業。

趣味は読書(藤沢周平、司馬遼太郎、童門冬二、他)、野球、ウォーキング。座右の銘は「忠如」。

周桑農業協同組合の勤務を経て、1995年に38歳で東予市長選挙に立候補し当選した。その後は3期連続し、東予市が2004年11月1日丹原町小松町西条市と合併するまで市長を務めた。東予市長在任の間には全国市長会新産都市協議会会長、全国青年市長会副会長、愛媛県市長会会長を務めている。

2007年には愛媛県議会議員選挙に立候補し2期連続トップ当選した。西条市長選挙に立候補するため、2期の途中で県議会議員を辞職した。2012年11月18日に行われた西条市長選挙に立候補し、現職の伊藤宏太郎に122票差で初当選を果たした[1]11月28日、市長就任[2]

市が2004年の2市2町の合併協定書に反して建設を進めていた市役所新庁舎の建設方針見直しを主張しており、市長就任後には建設を中断し市民と話し合って結論を出すことを表明した[3]。しかし、「業者への補償や国から受ける特定財源を放棄するリスクが大きく、防災拠点整備が遅れる危険も大きい」ことから12月定例市議会招集あいさつで11月19日から中断していた新庁舎の工事を再開することを表明した[4]

西条市議会からは新庁舎の建設工事再開を独断で行ったとして批判の声が上がり、2013年1月9日の市議会において不信任決議案を提出され可決された[5]。これを受け失職か議会解散を迫られた青野は1月17日に「建設継続を含めた見直しであり公約違反ではない」として議会を解散した[6]。選挙後に不信任決議の再可決は行われなった。

就任後は、市民が参加できる市政懇談会を市内各所で開催。小中学生の医療費の無料化や放課後保育クラブの対象児童拡大をはじめとした子育て支援やICT教育に力を入れ、愛媛大学の誘致を実現している。農業の総合6次産業化や物流・防災拠点となる東予港の整備をはじめとした産業振興にも取り組んでいる。

愛媛県知事である中村時広氏をはじめとした国や県の政治家との親交が厚い。2015年より愛媛県市長会会長に就任。

略歴[編集]

人物[編集]

  • 趣味 - 読書、野球・ゴルフ・キャンプなどのアウトドア全般
  • 座右の銘 - 「忠恕」

政策[編集]

  • 愛媛県営黒瀬ダムからの松山分水(中予分水)については、反対を表明している[7]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新人、自公民支部推薦の現職を122票差で破る - 読売新聞(2012年11月20日)、2013年1月18日閲覧
  2. ^ 愛媛県庁/各種選挙の日程-任期満了日一覧-(愛媛県選挙管理委員会)
  3. ^ 選挙:西条市長選。青野新市長、新庁舎「建設中断し、白紙に」市民と対話し結論 - 毎日jp(2012年11月20日)、2013年1月18日閲覧
  4. ^ 西条市庁舎の工事再開。市長「中止のリスク大」 - 愛媛新聞(2012年12月12日)、2013年1月18日閲覧
  5. ^ 青野市長の「不信任」可決。西条市議会、新庁舎建設再開で - MSN産経ニュース(2013年1月10日)、2013年1月18日閲覧
  6. ^ 愛媛県西条市長が議会を解散。不信任決議案可決を受け - 日本経済新聞(2013年1月17日)、2013年1月18日閲覧
  7. ^ 西条市長選 - 愛媛新聞(2012年11月19日)、2013年10月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]