伊藤宏太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊藤宏太郎
いとう こうたろう
生年月日 1942年
出生地 愛媛県西条市
没年月日 2015年2月12日
死没地 愛媛県西条市
出身校 松山大学
前職 西条市
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 1995年 - 2012年
テンプレートを表示

伊藤 宏太郎(いとう こうたろう、1942年 - 2015年2月12日)は、日本の政治家、元愛媛県西条市長。西条市名誉市民[1][2]

経歴[編集]

愛媛県西条市生まれ、父親も元西条市長。松山商科大学(現在の松山大学)卒業。伊予銀行入社。1991年(平成3年)西条市議会議員初当選。1995年から(旧)西条市長を3期務めた。

2004年の西条市と東予市周桑郡丹原町小松町の2市2町合併に伴う初市長選は旧西条市長選からの3期連続無投票の流れを受けて、無投票で選出された。任期満了に伴う2008年11月の市長選挙では、伊藤のほか3人の新人(いずれも旧西条市域からの出馬)が立候補し、旧西条市時代から通算して17年ぶりの選挙となったが、新人を寄せつけず大差で再選された。

市長時代に車検切れの自家用車で人身事故を起こし、2009年8月から3カ月間給料を10%減額する条例案を議会に提出し可決された[3]

2012年11月の市長選挙では、3選を目指して立候補したが、旧東予市長の青野勝に122票差(全得票数のうちわずか0.21%に相当)の大激戦で敗れた[4]

2015年2月12日、本人から119番通報があり、救急隊員が自宅へ駆け付けたところ心肺停止の状態であり、病院へ搬送したがそのまま死去した[5]。72歳没。

旧西条市議会議員を1期4年務めた後、旧西条市時代から合併後も含め17年に渡り西条市長を務め、その間に地域産業振興・防災・教育・インフラ整備など多岐に渡り市政に取り組んだ[6]。 その功績をたたえ、平成27年9月24日の市議会定例会で議会の同意を得た後、同年11月1日の名誉市民章贈呈式にて西条市名誉市民章を授与された[1][2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 名誉市民 西条市ホームページ
  2. ^ a b 「名誉市民章贈呈式及び市民表彰式」を開催します 西条市ホームページ - 総務課[リンク切れ]
  3. ^ 車検切れ車で事故、西条市長の給料減額可決 - 47NEWS(2009年07月27日)、2013年1月17日閲覧
  4. ^ <選挙:西条市長選、青野さん初当選。122票差、伊藤さんの3選阻む - 毎日jp(2012年11月19日)、2013年1月18日閲覧
  5. ^ 前西条市長が死去 NHK 2015年2月13日
  6. ^ 名誉市民の紹介 西条市ホームページ(PDFファイル)