2012年の韓国シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2012年韓国シリーズは、公式戦1位の三星ライオンズとプレーオフ勝者の2位SKワイバーンズ間で10月24日から11月1日まで開催され、三星が4勝2敗で2連覇を達成した。韓国シリーズ史上初めて3年連続で同じカードの対決が繰り広げられた。韓国シリーズMVPは打率.348・1本塁打・7打点を記録した李承燁が受賞した。

準プレーオフ[編集]

2012年の準プレーオフでは、斗山ベアーズロッテ・ジャイアンツが2010年準プレーオフ以来2年ぶりに5戦3先勝制の勝負を競った。ロッテが第1戦、第2戦、第4戦を勝利してポストシーズンで初めて斗山を破り、2年連続でプレーオフに進出した。

プレーオフ[編集]

2012年のプレーオフでは、前年に続いて2年連続でSKワイバーンズとロッテ・ジャイアンツが5戦3先勝制のプレーオフ勝負を競った。SKが第1戦を勝利した後に連敗したが、第4戦、第5戦に勝利し、韓国プロ野球史上初の6年連続韓国シリーズ進出という大記録を達成した。プレーオフMVPは、プレーオフ5試合で打率.444を記録したSKの鄭根宇が受賞した。

ステージ 勝利チーム 成績 星取表 敗戦チーム
準プレーオフ ロッテ・ジャイアンツ(公式戦4位) 3勝1敗 ○○●○ 斗山ベアーズ(公式戦3位)
プレーオフ SKワイバーンズ(公式戦2位) 3勝2敗 ○●●○○ ロッテ・ジャイアンツ(公式戦4位)

韓国シリーズ[編集]

第1戦 10月24日・大邱市民野球場[編集]

第1戦は三星は尹盛桓が、SKは尹喜相が先発登板。1回裏に三星は李承燁の左翼越えの2点本塁打(飛距離105m)で先制した。SKは4回表に1点返したが、三星は7回裏に1点追加して再び2点差に広げた。尹喜相は8回まで投げたが、完投負けを喫した。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
SKワイバーンズ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 5 0
三星ライオンズ 2 0 0 0 0 0 1 0 - 3 5 1
  1. : 尹盛桓(1勝)  : 尹喜相(1敗)  S: 吳昇桓(1S)  
  2. :  三星 – 李承燁1号2ラン(1回、尹喜相)

第2戦 10月25日・大邱市民野球場[編集]

三星は3回裏に裵榮燮が2点適時二塁打を記録し、その後に二死から崔炯宇が右翼越えの満塁本塁打(飛距離120m)を記録して6-0とリードした。 SKは6回表に鄭根宇が左翼越えの2点本塁打(飛距離105m)を放ち1点返したが、三星は7回裏にも2点を追加して8-1と7点差に広げた。SKは8回表に2点を返したが、それ以上は得点出来なかった。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
SKワイバーンズ 0 0 0 0 0 1 0 2 0 3 5 1
三星ライオンズ 0 0 6 0 0 0 2 0 - 8 7 0
  1. : (1勝)  : サンティアゴ(1敗)  
  2. :  SK – 鄭根宇1号ソロ(6回、張三)  三星 – 崔炯宇1号満塁(3回、サンティアゴ)

第3戦 10月28日・文鶴野球場[編集]

本来は10月27日に予定されていたが、雨のために試合が1日先に延期された。1-0と1点を追う三星は3回表に無死満塁から押し出し四球で同点に追い付き、李承燁の2点適時打、続いて崔炯宇の右翼越えの2号3点本塁打(飛距離120m)で1-6と一挙に試合をひっくり返した。SKも3回裏に2点を返し、4回裏には朴鎮万が左翼越えのソロ本塁打(飛距離110m)と暴投で5-6と1点差に迫った。三星は5回表に1点を追加したが、SKは6回裏に金江珉の左翼越えの3点本塁打(飛距離120m)など一挙6得点で逆転し、11-7とした。8回裏には、李昊俊が左翼越えのソロ本塁打(飛距離115m)を放ち、5点差に広げた。その後は三星が9回表二死の後に1点を返すのみで終わった。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
三星ライオンズ 0 0 6 0 1 0 0 0 1 8 8 3
SKワイバーンズ 1 0 2 2 0 6 0 1 - 12 17 1
  1. : 宋恩範(1勝)  : 安志晩(1敗)  
  2. :  三星 – 崔炯宇2号3ラン(3回、蔡秉龍)  SK – 朴鎮萬1号ソロ(4回、車雨燦)、金江珉1号3ラン(6回、安志晩)、李昊俊1号ソロ(8回、金熙杰

第4戦 10月29日・文鶴野球場[編集]

試合は3回まで投手戦で進んだが、SKは4回裏に朴哉相が右翼越えのソロ本塁打(飛距離115m)を、崔廷が左翼越えのソロ本塁打(飛距離105m)をそれぞれ決め、適時打も出て3点を先制した。三星が6回表に犠牲フライで1点を返したが、SKも7回裏に犠牲フライで1点を追加した。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
三星ライオンズ 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 8 0
SKワイバーンズ 0 0 0 3 0 0 1 0 - 4 8 0
  1. : 金廣鉉(1勝)  : タルボット(1敗)  S: オラム(1S)  
  2. :  SK – 朴哉相1号ソロ(4回、タルボット)、崔廷1号ソロ(4回、タルボット)

第5戦 10月31日・蚕室野球場[編集]

三星は3回裏までに暴投と遊撃ゴロで2-0とリードした。SKも4回表に適時打で1点を返したが、朴正権犠牲バント失敗と李昊俊の走塁ミスなどで、後が続かずに 4回裏以降は両チームが得点出来ないロースコアの試合に終わった。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
SKワイバーンズ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 6 1
三星ライオンズ 1 0 1 0 0 0 0 0 - 2 5 1
  1. : 尹盛桓(2勝)  : 尹喜相(2敗)  S: 吳昇桓(2S)  

第6戦 11月1日・蚕室野球場[編集]

三星は1回表に犠牲フライで先制点を挙げた。4回表にもシリーズを通して不振だった朴錫珉が左翼越えの2点本塁打(飛距離120m)を放ち、その後も1点適時打と李承燁の3点適時三塁打が出て7-0とした。一方、SKは4回表に投手陣が崩れた上、打線も沈黙するなど投打で三星に圧倒されたままで終わった。これにより、三星は2年連続韓国シリーズを制覇した。韓国シリーズMVPは、三星の李承燁が記者団投票71票のうち47票を得て初受賞した。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
三星ライオンズ 1 0 0 6 0 0 0 0 0 7 9 1
SKワイバーンズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
  1. : 張 三(2勝)  : サンティアゴ(2敗)  
  2. :  三星 – 朴錫珉1号2ラン(4回、サンティアゴ)
  • 三星ライオンズ4勝2敗で韓国シリーズ優勝。

脚注[編集]