ノッティンガム大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
University of Nottingham
University of Nottingham coat of arms.png
ノッティンガム大学
校訓 Sapientia urbs conditur (Latin)
学校種別 国立
設立年 1881年
基金 £55.1 million
予算 £637.6 million (2016-17)
学長 Sir Andrew Witty
副総長 Shearer West
大学職員数
2,770
理事会人数
3,360
学生数 40,483
学部生数 23,935
大学院生数 8,185
所在地 イギリスの旗 イギリス
ノッティンガム
キャンパス 都市型
スクールカラー University: Blue and white
         
Sports: Green and gold
         
ウェブサイト www.nottingham.ac.uk
0130 - England, Nottingham, Trent Building HDR -HQ-.jpg
テンプレートを表示

ノッティンガム大学英語 :University of Nottingham)は、イギリスノッティンガム市にキャンパスを置く、1881年設立の大規模研究型大学である。設立当初はロンドン大学のカレッジであったが、1948年にノッティンガム大学として独立。国内最高峰の大学として認識されているラッセル・グループおよびウーニウェルシタース 21に加盟している。ノーベル賞受賞者総数は3人。アジア・パシフィック地域との連携強化のため、マレーシア・中国にもキャンパスを開校し、イギリスの中でもグローバル度の高い大学である。

歴史[編集]

1798年に設立された成人教育学校が前身。1881年、オールバニ公レオポルドによってユニバーシティ・カレッジとして設立され、1948年にロンドン大学から独立し正式に国立大学として認定された。

大学の特色[編集]

University of Nottingham Malaysia Campus

ノッティンガム大学は、教育・研究活動においてもイギリス大学ランキングで常に上位10位以内に位置している。最近の研究業績評価では、26学科が最高グレードの5または5*(国際的に優れた研究)をマークし、独立機関による教育の質の評価では、30学科が「優」とされた[要出典]。また全国の大学中最も競争率が高く[要出典]、キャンパスの美しさも際立つ。大学は人文、教育、工学、法律、社会科学(ノッティンガム大学ビジネス・スクールを含む)、医学および健康科学(獣医学科、医学部)、自然科学(農業学、食物科学を含む)の6学部、31のスクールに分かれている。また、ノッティンガム大学ビジネススクールは同国でも優れた教育機関のひとつとして知られている[要出典]

  • 生命科学系の(医学、薬学、生化学、生理学、生命情報学等)は学部レベルから極めて専門性が高いコースが整備され、修士以上のコースも極めてレベルが高く、世界中から優秀な研究者・教授陣と学生が集まってきています。医学部付属病院もあり、イギリスの医学分野の重要な研究施設となっている。
  • 政治学・国際関係学は常に世界ランキングトップ100以内に入り国際機関とも多くのセミナーを開催している。マレーシア・中国にキャンパスがあるため、アジア・パシフィック地域の研究に強い特色がある。[1]
  • 経済学はイギリス国内5位(2008年度 タイムズ)。また、国際経済学では常に世界ランキング20位に入り、ヨーロッパ最大のグローバル化研究機関、計量経済学分野でグレンジャー記念連続時間計量経済学研究所 Granger Centre for Time Series Econometrics を置き、学外のフェロー External Fellows に クライヴ・グレンジャー (故人・ノーベル経済学賞) はもとより、Peter Phillips(イェール大学 連続時間モデル計量経済学)、Pierre Perron(ボストン大学 計量経済学)、Peter Robinson(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス 計量経済学)等。

ランキング・評価[編集]

QS世界大学ランキングの総合評価では2013-14年版で72位、2014-15年版で77位、2015-16年版で70位、2016-17年版で75位と評価されている。分野別に見ると医学、社会科学、人文科学、生命科学が強く、2016-17年版世界ランキングにおいて、薬学が6位、看護学が28位、教育学が22位、獣医学29位、医学が70位、工学が51位、地理学48位、政治学51位、法学50位、経済学51位、英文学49位と多くの学科が世界トップ100に入っている。[2] Times世界大学ランキングでは世界147位と評価されている(2018)。[3] 2012年にNewYorkTimesが世界20カ国のトップ企業に聞き取り調査した卒業生の採用評価では英国9位、世界70位[4]

著名な卒業生[編集]

ノーベル経済学賞受賞者クライヴ・グレンジャー

大学関係者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ノッティンガム大学政治学科”. 04.01.2018閲覧。
  2. ^ QS Ranking”. 31.03.2018閲覧。
  3. ^ Times world ranking”. 31.03.2018閲覧。
  4. ^ NY times job”. 03.02.2012閲覧。

外部リンク[編集]