デビッド・アダムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デビッド・アダムス
David Adams
David Adams on May 20, 2013.jpg
ヤンキース時代(2013年5月20日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州ブロワード郡マーゲイト英語版
生年月日 (1987-05-15) 1987年5月15日(32歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手三塁手
プロ入り 2008年 MLBドラフト3巡目
初出場 2013年5月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

デビッド・リー・アダムスDavid Lee Adams, 1987年5月15日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州ブロワード郡マーゲイト英語版出身の元プロ野球選手内野手)、野球指導者。右投右打。現在はMLBニューヨーク・ヤンキース傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ヤンキースのウェストチームで監督を務める。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2005年MLBドラフト21巡目(全体630位)でデトロイト・タイガースから指名されるが拒否し、バージニア大学でプレーした[1]

プロ入りとヤンキース時代[編集]

2008年MLBドラフト3巡目(全体106位)でニューヨーク・ヤンキースから指名され、6月9日に入団。

2009年は、A級チャールストン・リバードッグスとA+級タンパ・ヤンキースでプレーしていた。

2010年は、AA級トレントン・サンダーでプレーする。

2011年11月18日ルール・ファイブ・ドラフトでの流出を防ぐために40人枠入りした[2]

2013年3月26日バーノン・ウェルズの加入に伴って40人枠から外れた[3]3月29日にマイナー契約で復帰。AAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースでプレー。自身の誕生日である5月15日にメジャー昇格を果たし、同日のマイアミ・マーリンズ戦でメジャーデビュー。「6番・三塁手」で先発起用され、4打数1安打だった。チームは2対12で敗れた。5月20日ボルチモア・オリオールズ戦ではフレディ・ガルシアから初本塁打を記録。7月3日にAAA級スクラントン・ウィルクスバリに降格。7月24日ルイス・クルーズの故障者リスト入りに伴ってメジャーに再昇格するも、7月28日ジェイソン・ニックスが故障者リストから外れたため、再びAAA級スクラントン・ウィルクスバリに降格した。8月5日デレク・ジーターが故障者リスト入りしたため再びメジャー昇格[4]8月11日デリン・ベタンセスとの入れ替えで再びAAA級スクラントン・ウィルクスバリへ降格した。9月1日、セプテンバー・コールアップでメジャーに再昇格[5]。この年メジャーでは43試合に出場して打率.193・2本塁打・13打点の成績を残した。オフの12月2日FAとなった。

オリオールズ傘下時代[編集]

2013年12月13日クリーブランド・インディアンスと1年契約を結び、球団が発表した[6]

2014年3月22日ウェイバー公示を経てボルチモア・オリオールズへ移籍した[7]。翌23日に傘下のAAA級ノーフォーク・タイズへ異動し、そのまま開幕を迎えた。5月4日に40人枠を外れ、AA級ボウイ・ベイソックスへ降格した[8]。この年は2球団合計で105試合に出場して打率.255・9本塁打・48打点・3盗塁の成績を残した。オフにFAとなった。

マーリンズ傘下時代[編集]

2015年1月30日マイアミ・マーリンズとマイナー契約を結んだ。傘下のAA級ジャクソンビル・サンズでプレーし、116試合に出場して打率.294・6本塁打・50打点・3盗塁の成績を残した。オフの11月6日にFAとなった[9]

ブルージェイズ傘下時代[編集]

2015年11月20日トロント・ブルージェイズとマイナー契約を結び、2016年スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった。

2016年は傘下のAAA級バッファロー・バイソンズでプレーし、68試合に出場して打率.243・2本塁打・21打点・3盗塁の成績を残した。オフの11月7日にFAとなった[9]が、2016年が現役生活最後のシーズンとなった。

引退後[編集]

2018年シーズンからはヤンキース傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ヤンキースのウェストチームで監督を務める[10]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 NYY 43 152 140 10 27 5 1 2 40 13 0 0 1 0 9 0 2 43 4 .193 .252 .286 .537
MLB:1年 43 152 140 10 27 5 1 2 40 13 0 0 1 0 9 0 2 43 4 .193 .252 .286 .537

背番号[編集]

  • 39(2013年 - 同年途中)
  • 45(2013年途中 - 同年終了)

脚注[編集]

  1. ^ Virginia Baseball Announces Stellar 11-Member 2005 Recruiting Class
  2. ^ Yankees add five players to 40-man roster MLB.com
  3. ^ Yankees release infielder David Adams Yes Network
  4. ^ Yankees Place Derek Jeter On DL; Recall Infielder David Adams CBS New York
  5. ^ Yankees Expand Roster; Call-Up David Adams, Three Pitchers CBS New York
  6. ^ Indians sign infielder David Adams MLB.com
  7. ^ Orioles claim INF David Adams off waivers from Cleveland”. MLB.com Orioles Press Release (2014年3月22日). 2014年3月23日閲覧。
  8. ^ Orioles outright INF David Adams to Double-A Bowie”. MLB.com Orioles Press Release (2014年5月4日). 2014年5月5日閲覧。
  9. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2018年9月18日閲覧。
  10. ^ Robert M. Pimpsner (2018年2月17日). “ADAMS TO MAKE MANAGERIAL DEBUT WITH GCL YANKEES WEST IN 2018” (英語). Pinstriped Prospects.com. 2018年9月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]