パブリック・アイビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パブリック・アイビー(Public Ivy)とは、アメリカ合衆国において、公立(パブリック)の大学のなかでの名門校を指す総称としての通称である。同国東部の名門私立大学群の集まりである、「アイビーリーグ」からの派生語。

概要[編集]

ハーバード大学イェール大学等の東部の名門私立大学8校で構成される、「アイビー・リーグ」が語源。公立大学の(Publicの)アイビー・リーグの意味でこの名が付けられた。1985年、イェール大学の職員Richard Mollの著書Public Ivys: A Guide to America's best public undergraduate colleges and universitiesの中で初めて使用された。以来、公立大学(主として州立大学)の名門を指す名称として使われることがある。ただし、この名称により指し示される大学の範囲は様々である。

それらのうち、学術的な比較検証が行われたリストとしては、下記の2つ(Mollのリスト及びグリーンズガイド(Greenes' Guides)のリスト)は、パブリック・アイビーの範囲を表す代表的な出典として存在する[1]

他方、それ以外にも、これらのリストについては、大学受験情報を提供する会社や、黒人の高等教育促進を目指す雑誌などにおいて、様々な機関がそれぞれの目的に応じて、これらのリストを加工するとともに、さらに独自の観点から複数の大学を加味して様々な分析を行うなど、派生形態も多く見られるところである。

代表的な分類[編集]

1. モルのリスト(8校)[編集]

上記のRichard Mollの著書において取り上げられた当初のパブリック・アイビーは、以下の8校である(順不同)。

  1. ウィリアム・アンド・メアリー大学 College of William & Mary (Williamsburg, Virginia)
  2. マイアミ大学 (オハイオ州) Miami University (Oxford, Ohio)
  3. カリフォルニア大学群 University of California (バークレー校、ロサンゼルス校(UCLA)など8校)[2]
  4. ミシガン大学 University of Michigan (Ann Arbor)
  5. ノースカロライナ大学チャペルヒル校 University of North Carolina at Chapel Hill
  6. テキサス大学オースティン校 University of Texas at Austin
  7. バーモント大学 University of Vermont (Burlington)
  8. バージニア大学 University of Virginia (Charlottesville)

この選定にあたってMollは、学生の質や入学競争率、研究レベルなどに加えて「キャンパスの雰囲気」「大学の伝統行事の有無」という基準も持ち込んでいる。

2. グリーンズガイドのリスト(30校)[編集]

その後、パブリック・アイビーは、全米で最も影響力を持つと言われる大学関係ジャーナリスト、ハワード・グリーン(Howard Greene)、及びマシュー・グリーン(Matthew Greene)により編集された書籍、「パブリック・アイビー:アメリカの最重要公立大学」(The Public Ivies: America's Flagship Public Universities)において、学問上の質がアイビー・リーグと比肩するという観点から精査された結果、以下の30校に拡大されている。

東部
西部
五大湖・中西部
南部

派生したリスト[編集]

経済性に焦点をあてたリスト(10校)[編集]

大学受験情報を扱うアメリカのSparkNotes[3]は、上記のグリーンズガイド(Greenes' Guides)のリストの中から、アイビーリーグに比べて年間授業料が最大で25,000ドル安く、経済的負担の少ない学校として、以下の10校をピックアップしている。

黒人教育に焦点をあてたリスト(23校)[編集]

2005年のThe Journal of Blacks in Higher Educationが発表した調査では、次の23大学がパブリック・アイビーとして紹介された。

これは、あくまで黒人の高等教育促進を目指す同雑誌が、Mollのリスト及びグリーンズガイド(Greenes' Guides)のリスト等をベースに、白人学生に対する黒人学生の割合の推移を検証する目的で、北東端に近いバーモント大学をはじめ、地理的に幅広く大学をピックアップしたものであり、必ずしも学問的見地から検証が行われた上で大学が選定されているわけではないことに注意が必要である。

注釈[編集]

  1. ^ Public Ivy(英語版ウィキペディアによる解説)を参照http://en.wikipedia.org/wiki/Public_Ivies#cite_note-7
  2. ^ Richard Mollの著書では、カリフォルニア大学システム全体について言及している。
  3. ^ 1999年に4人のハーバード大学生により設立されたウェブ上の受験情報提供会社。

外部リンク[編集]