エドワード・ケネディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テッド・ケネディ
Ted Kennedy, official photo portrait crop.jpg
生年月日 1932年2月22日
出生地 マサチューセッツ州ボストン
没年月日 2009年8月25日(77歳)
死没地 マサチューセッツ州ハイアニス
出身校 ハーバード大学 (AB)
バージニア大学法科大学院 (LLB)
現職 政治家, 法律家
所属政党 民主党
配偶者 ジョアン・ベネット・ケネディ (1958年 - 1982年, 離婚)
ヴィクトリア・レジー・ケネディ (1992年 - )
サイン Ted Kennedy Signature 2.svg
公式サイト [tedkennedy.org ]

アメリカ合衆国上院議員
任期 1962年11月7日 - 2009年8月25日

任期 1969年1月3日 - 1971年1月3日

上院司法委員会委員長
任期 1979年1月3日 - 1981年1月3日

上院労働人的資源委員会委員長
任期 1987年1月3日 - 1995年1月3日

上院保健教育労働年金委員会委員長
任期 2001年1月3日 - 2001年1月20日
テンプレートを表示
向かって左からジョン、ロバート、エドワード
バラク・オバマとともに

エドワード・ムーア・“テッド”・ケネディ(Edward Moore "Ted" Kennedy, 1932年2月22日 - 2009年8月25日)はアメリカ合衆国政治家。所属政党は民主党

ケネディ・ファミリーの一員で、ジョン・F・ケネディ大統領司法長官連邦上院議員を務めたロバート・F・ケネディを兄に持つことで知られる。兄たちが政治家として活躍したのと同様に、自身も連邦上院議員(マサチューセッツ州選出)を、1963年から2009年に亡くなるまで、47年間の長きにわたって務めた。

公式文書の署名には一貫して「エドワード」の短縮形である「テッド」(Ted) を使用し、一般にもテッド・ケネディの名で知られた。また、親しみを込めてテディ(Teddy)と呼ばれることも多かった[1]

人物[編集]

生い立ち[編集]

1932年2月22日、ジョセフ・P・ケネディ・シニアとローズ・ケネディ夫妻の間に9人目の子供(末っ子)として生まれる[2]。男兄弟の中では四番目(四男)であった[2]。連邦上院議員や大統領を務めたジョン・F・ケネディ、司法長官や連邦上院議員を務めたロバート・F・ケネディを兄に持つ。いわゆるケネディ・ファミリーのうち、第三世代の1人である。

子供の頃は父の仕事の都合によりアメリカやヨーロッパ各地を転々として過ごし、転校を繰り返した。両親には末っ子であるために可愛がられたが、上の兄弟たちと比較された。ハイスクールボストンのミルトンアカデミーに進学。成績は平凡だったがフットボールを得意とし、その他にテニス、ホッケー、ディベート、演劇、グリークラブと幅広く活動した。1950年秋にハーバード大学に入学。恵まれた体格と勇猛さを武器にここでもフットボールの選手として鳴らす。1951年4月からアメリカ陸軍に2年間従軍。父が各方面に手を回したおかげで朝鮮戦争に行くことはなく、憲兵としてパリの欧州連合軍最高司令部に勤務。週末はヨーロッパ各地を旅して回った。上等兵として名誉除隊。1953年の夏に大学に復学して1956年に卒業。バージニア大学ロースクールに進学。学内での年次行事である模擬裁判では1位の成績を獲得した(一方で無謀及び無免許運転で逮捕されたこともある)。ハーグ国際法アカデミーにも籍を置いた。1958年にはジョンの上院議員の再選運動の責任者に指名され、選挙区であったマサチューセッツ州の有権者の心をつかむことに成功。兄の圧倒的な勝利に大きく貢献した。

政界[編集]

1963年に民主党のマサチューセッツ州選出の連邦上院議員に当選した。民主党リベラル派の代表格と看做されており、ベトナム戦争イラク戦争反対の急先鋒であった。上院では民主党上院院内幹事(1969年 - 1971年)、司法委員長(1978年 - 1980年)、労働委員長(1987年 - 1995年)、厚生・教育・労働・年金委員長(2001年 - 2003年)を歴任した。

1969年には自身が運転する車が桟橋から海中に転落、同乗していた女性が溺死したが、不倫及び飲酒運転のスキャンダルになることを恐れて警察に通報せず現場から逃亡するという「チャパキディック事件」を起こした。遺族との示談成立と地元警察の「手心」もあり実刑は免れたものの、この事件は二人の兄と同じく大統領の座を狙うケネディの政界における評判に大きなダメージを与え、出馬が有力視されていた1972年の大統領選挙への出馬を断念する結果になった。1980年の大統領選でもまだ尾を引き、民主党の指名獲得を逃した要因の一つとなった[3]

2004年の大統領選では、自身の選挙ボランティアに参加した経験がある民主党大統領候補のジョン・ケリー上院議員の後見人としてケリーを支援した。2008年アメリカ合衆国大統領選挙においても、ケリーが引き続き出馬を望めば、全面的に支持する意思を示していたが、結局ケリーは2008年1月10日にバラク・オバマ上院議員支持を表明、ケネディも27日[4]にオバマ候補支持を表明した。

2008年5月17日、ボストン市内の病院に緊急入院し、悪性脳腫瘍と診断されたが摘出に成功。同年8月の民主党全国大会には医師の反対を押し切って出席し、オバマ候補支持を訴えた。

2008年5月1日に下院通過、同21日にジョージ・W・ブッシュ大統領の署名により遺伝情報差別禁止法英語版が成立したが、同法の成立のため10年にわたって尽力してきた人物としても知られる。大統領署名には先述の手術成功を祝う言葉も添えられていた。

2009年1月20日、オバマ大統領の就任式に出席したが、その最中発作を起こし病院へ運ばれた。医師からは過労という診断が下され、その翌日には回復し退院した。

死去[編集]

2009年8月25日、脳腫瘍のため死去。77歳。8月29日、葬儀がボストン市内の教会で行われ、オバマ大統領以下クリントン、ブッシュ、カーターなど歴代大統領や現職および過去の上院議員らも参列。また、チェロ奏者ヨー・ヨー・マやテノール歌手プラシド・ドミンゴによる演奏が行われた。棺は夕刻、ワシントンD.C.郊外のアーリントン国立墓地に搬送され、暗殺された兄のケネディ大統領のそばに埋葬された。

私生活[編集]

ジョアン・ベネットと結婚、三人の子供をもうけ、チャパキディック事件後も結婚関係を保ったものの、1978年には別居し1982年に正式に離婚した。その後、ヴィクトリア・レジーと再婚している。

ジョアンとの間にもうけた次男パトリックはロードアイランド州選出の下院議員である。パトリックは1994年の当選以降連続8期の任期を務めたが、2010年2月に同年11月の中間選挙に出馬しないと述べ、政界から引退を表明した[5]

脚注[編集]

  1. ^ “アメリカにとって「ケネディ」は別格の存在” (日本語) ニューズウィーク日本版に連載中の池上彰のコラム「Newsweek斜め読み」・2009年9月9日号より。
  2. ^ a b 「エドワード・ケネディ死去、米政治の一時代に幕」 (日本語) ウォールストリート・ジャーナル日本版の記事(2009年8月27日掲載)。
  3. ^ 「悲劇のケネディ王朝、最後の大物失う」産経新聞 iza 2009年8月26日
  4. ^ American University のイベント(2008年1月27日)で支持を表明した。(Ted Kennedy Endorses Barack Obama
  5. ^ ケネディ下院議員、今年11月の中間選挙で不出馬を宣言CNN.co.jp 2010年2月12日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式
ケネディの発言
情報
関連メディア
議会
先代:
ベンジャミン・A・スミス
マサチューセッツ州選出上院議員(第1部)
November 7, 1962 - August 25, 2009
同職:レヴァレット・サルトンストール, エドワード・ブルック, ポール・ソーンガス, ジョン・ケリー
次代:
ポール・G・カーク
公職
先代:
ラッセル・ロング
ルイジアナ州
上院多数党院内幹事
1969 - 1971
次代:
ロバート・バード
ウェストバージニア州
先代:
ジェームズ・イーストランド
D-ミシシッピ州
上院司法委員会委員長
1978 - 1981
次代:
ストロム・サーモンド
R-サウスカロライナ州
先代:
オリン・ハッチ
R-ユタ州
上院労働人的資源委員会委員長
1987 - 1995
次代:
ナンシー・ランドン・カセバウム
R-カンザス州
先代:
ジム・ジェフォーズ
R-バーモント州
上院保健教育労働年金委員会委員長
2001年1月3日 - 1月20日
次代:
ジム・ジェフォーズ
R-バーモント州
先代:
ジム・ジェフォーズ
I-バーモント州
上院保健教育労働年金委員会委員長
2001年6月5日 - 2003年
次代:
ジャド・アラン・グレッグ
R-ニューハンプシャー州
先代:
マイク・エンツィ
R-ワイオミング州
上院保健教育労働年金委員会委員長
2007 - 2009
次代:
トム・ハーキン
D-アイオワ州
党職
先代:
ジョン・F・ケネディ
マサチューセッツ州選出上院議員(第1部)
民主党候補

1962, 1964, 1970, 1976, 1982, 1988, 1994, 2000, 2006
次代:
マーサ・コークリー