モナシュ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モナシュ大学
Monash University
校訓 Ancorā impāro ("I am still learning")
創立 1958年
学校種別 公立
総長 Alan Finkel
副総長 Edward Byrne
教職員 2,639人
学部生 39,000人
大学院生 16,000人
所在地
キャンパス Caulfield, Clayton, Berwick, Gippsland, Parkville, Peninsula, Sunway (Malaysia), Monash South Africa, Prato Centre (Italy)
所属提携 Group of Eight, ASAIHL
ウェブサイト 公式サイト
テンプレートを表示

モナシュ大学(-だいがく, 英語: Monash University)は、オーストラリアメルボルン近郊のクレイトン英語版に本部をおくビクトリア州立の大学である。マレーシアと、南アフリカヨハネスブルグを含む8つのキャンパスがあり、また、ロンドンイタリアのプラトにセンターを持つ。プラトキャンパスは主にEU法を学ぶ意欲のある学生のためである。

オーストラリアの研究重点8大学"Group of Eight"に属する総合大学であり、2004年出版の”タイムズ高等教育補足”では世界トップの200の大学のうち33位にランクされた。また、2011年、ニューヨークタイムスがアメリカ、ヨーロッパを含む世界10各国のトップ企業のビジネスリーダー及びマネージャー数百人に対しインタビューを行い、卒業生を採用する際の好ましい大学に関する調査を行った。結果として、モナシュ大学は、世界第47位、アジアパシフィック地域では、東京大学(日本)の世界第18位、復旦大学(中華人民共和国)世界第34位に次ぐ第三位、またオーストラリアでは第一位となった。

沿革[編集]

1958年のビクトリア州議会議定書によってビクトリア州で2番目の大学として設立された。オリジナルキャンパスはメルボルン南東のクレイトン地区に囲まれている。1992年に、モナシュ大学、 the Caulfield Institute of Technology, the Gippsland Institute of Advanced Education と the Victorian College of Pharmacyは統合し、オーストラリアで最も多岐に渡る大学を作った。コースは、art and design, arts, business and economics, education, engineering, information technology, law, medicine, pharmacy and scienceで、ディプロマから博士課程まである。特に顕著なロースクールがクレイトンにある。

概要[編集]

大学名は、1996年に発行され、使用されている100ドル紙幣の裏側にも描かれている人物でもあるジョン・モナシュ将軍にちなんでつけられた。

100ドル紙幣

1961年に最初の学生をとった。モナシュ大学の多くの建物は様々な分野で活躍したオーストラリア人の名前がついている。

モナシュ・クレイトン・キャンパスは1.1km²以上の広さで最大のキャンパスである。

クレイトン・キャンパスは独自の地区 (suburb) 名、市外局番、郵便番号(3800)を持ち、隣接のクレイトン地区とともにモナシュ市 (City of Monash) に属する。

大学のモットーはミケランジェロの言葉、Ancora imparo - 私はまだ学んでいるである。

オーストラリア最大の55,000人の学生が学ぶ。多くは留学生である。

Faculties(学部)[編集]

ランキング[編集]

モナシュ大学
出版 平均 2004 2005 2006 2007 2008 2009
Times Higher Education[1] 39.8 33 33 38 43 47 45

著名な卒業生[編集]

著名な現在及び過去の教員[編集]

日本における協定校[編集]

脚注[編集]

  1. ^ World University Rankings - Times Higher Education Supplement

関連項目[編集]

外部リンク[編集]