藻利重隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藻利 重隆
人物情報
生誕 1911年11月30日
日本の旗 日本 愛媛県松山市
死没 (2001-02-18) 2001年2月18日(89歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京商科大学(現一橋大学)卒業
学問
研究分野 経営学
労務管理
ドラッカー経営学説の研究
研究機関 東京商科大学
名古屋高等商業学校(現・名古屋大学
東京産業大学
一橋大学
中央大学
山梨学院大学
指導教員 増地庸治郎
主な指導学生 田島壮幸平田光弘村瀬哲司
学位 博士(商学)
称号 一橋大学名誉教授
山梨学院大学名誉教授
学会 日本経営学会
社団法人日本労使関係研究協会
日本経済学会連合
主な受賞歴 紫綬褒章(1976年)
勲ニ等瑞宝章(1982年)
従三位(2000年)
テンプレートを表示

藻利 重隆(もうり しげたか、1911年11月30日 - 2001年2月18日)は、日本の経営学者。専門は労務管理一橋大学名誉教授山梨学院大学名誉教授である。博士(商学)1960年、一橋大学にて取得)。紫綬褒章及び勲二等瑞宝章受章。元日本経営学会理事長。

人物[編集]

増地庸治郎門下[1]で、研究による真理探究及びそれに基づく社会改良に経営学の価値を求めた[2]。またドラッカーの経営学説を早い時期に紹介し、批判した経営学者でもある。(1959年 ドラッカー経営学説の研究 森山書店など) 1976年に経営学上の業績が評価され紫綬褒章を受章した。1982年勲二等瑞宝章受章。2000年叙従三位

また教育者として名古屋高等商業学校名古屋大学経済学部の前身)教授、一橋大学教授、中央大学教授等として教鞭をとり、1974年には教育功績者として文部大臣より表彰を受けた。

ゼミの教え子に田島壮幸一橋大学名誉教授、平田光弘一橋大学名誉教授[3]村瀬哲司京都大学名誉教授、林栄夫東京都立大学教授[4]山岡煕子東京都立商科短期大学名誉教授[5]村田和彦一橋大学名誉教授[6]昆虫研究家の阿部光典東京国際大学教授[7]などがいる。

略歴[編集]

社会的活動[編集]

学会活動[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 雲嶋良雄「一橋経営学の系譜とその問題点」一般社団法人如水会
  2. ^ 笠原俊彦「藻利重隆博士における経営学の社会的価値と課題」『経営と経済』(長崎大学)83(4)、2004年。
  3. ^ [1]
  4. ^ 「昭和44年度学位授与・単位修得論文」一橋研究
  5. ^ [2]
  6. ^ [3]
  7. ^ [4]