旅順工科大学 (旧制)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
旅順工科大学
Ryojun College of Engineering.JPG
国公私立の別 官立
設立年月日 1922年
創立者 井上禧之助
閉校年月日 1945年
関東州旅順
(現 中国大連市)
テンプレートを表示

旅順工科大学 (りょじゅんこうかだいがく) は、1922年大正11年) に関東州旅順 (現 中国遼寧省大連市旅順口区) に設立された官立の旧制大学。略称は 「旅順工大」。

本稿では、前身の旅順工科学堂を含めて記述する。

概要[編集]

  • 大学令による単科大学としては日本最初の官立工科大学。
  • 前身の旅順工科学堂は、数少ない 4年制の旧制専門学校高等工業学校) の一つであった[1]
  • 創立時は学部に機械工学科・電気工学科・冶金学科・採鉱学科を設置した(後に応用化学科・航空学科・物理学科・化学科を増設)。
  • 第二次世界大戦敗戦により、1945年9月にソ連軍に学舎を接収され、閉鎖された。
  • 同窓会は 「旅順工科大学同窓会」 と称する。

沿革[編集]

旅順工科学堂時代[編集]

  • 1908年11月: 関東都督 大島義昌、首相 桂太郎に 「旅順工科学堂創立覚書」 提出。
  • 1909年5月8日: 第26回帝国議会にて、設立予算案成立。
  • 1909年5月10日: 「旅順工科学堂官制」 公布 (勅令第133号)。
  • 1909年9月6日: 「旅順工科学堂規則」 制定 (関東都督府令)。
    • 本科 (4年制) に機械科・電気科・採鉱冶金科を設置。
  • 1910年4月21日: 第1回入学。
  • 1910年5月10日: 開学式を挙行 (以後、5月10日を開学記念日とする)。
  • 1910年6月20日: 学友会 「霊陽会」 発足。
    • 校地が爾霊山の南側に位置したことに因む。
  • 1912年3月: 寄宿舎完成、校舎3階の宿舎から移転。
  • 1913年4月: 『ダイナマイト節』 が作られる (壮士演歌替え歌。芳賀千代太・河村頼・真島宏 作詞[2])。
  • 1913年12月: 第1回卒業。同窓会 「興亜技術同志会」 設立。
  • 1916年3月: 中国人学生のために予科 (のちの予備科) を設置 (旅順高等公学堂内)。
  • 1921年6月: 南満医学堂 (後の [私立] 満州医科大学) との第1回対抗戦。

旅順工科大学時代[編集]

  • 1922年3月31日: 「旅順工科大学官制」 公布 (勅令第160号)。
    旅順工科学堂を旅順工科大学附属工学専門部と改称し、在学生を収容。
  • 1923年4月: 大学予科(修業年限3年) を開設。4月12日、第1回入学式。
  • 1924年1月: 校歌として、正歌 『平和の鐘』 (久米孝一 作詞、信時潔 作曲)、副歌 『東亜の歴史』 (土井晩翠 作詞、信時潔 作曲) を制定。
  • 1924年4月: 寄宿舎を 「興亜寮」 と命名。
  • 1924年11月: 内閣閣議にて、旅順工大廃止が論ぜられる (甲子学難)。
  • 1924年12月: 内堀予科教授らの反対陳情が奏功、存続決定。
  • 1926年2月: 附属工学専門部廃止。
  • 1926年4月: 学部 (修業年限3年) を開設。
    • 機械工学科、電気工学科、冶金学科、採鉱学科を設置[4]
    • 興亜寮は予科の寮となり、学部寮は旅順市内各所に順次設置された。
  • 1927年9月: 興亜寮、自治寮化。
  • 1928年5月10日: 大学開校式を挙行。
  • 1936年6月: 学部に応用化学科を増設。
  • 1938年4月: 附属臨時技術員養成所を設置 (機械、電気、応用工、鉱山)。
  • 1940年9月: 興亜寮で腸チフス発生、全学で10名死亡。
  • 1941年12月: 戦時措置による繰上卒業 (1942年-1945年は9月卒業)。
  • 1942年4月: 附属臨時技術員養成所を廃止、附属臨時教員養成所を設置。
    • 理数科教員の養成を目的とした。
  • 1942年9月: 「霊陽会」 と 「興亜技術同志会」 を合併 (後の旅順工科大学同窓会)。
  • 1943年4月: 予科を 2年制に短縮。
  • 1945年4月: 学部に物理学科、化学科を増設。
  • 1945年8月25日: 最後の大学卒業式。
  • 1945年9月4日: ソビエト軍により興亜寮接収。
  • 1945年9月5日: 学舎接収、大学閉鎖。
  • 1945年10月3日: 日本人の旅順立ち退き命令が出される。
  • 1945年10月25日: ソビエト軍より正式の立ち退き命令。
  • 1945年11月30日: 避難中の大学本部事務所閉鎖。

歴代学長[編集]

旅順工科学堂
  • 初代:(兼)白仁武 (1909年6月12日 - 1917年8月)
  • 第2代: 富田忠詮 (1917年8月 - 1922年4月)
旅順工科大学
  • 学長事務取扱: 土岐[5] (1922年4月 - 1923年6月)
  • 学長事務取扱: 神谷豊太郎 (1923年6月 - 1925年3月)
  • 初代: 井上禧之助 (1925年3月 - 1931年4月)
    • 元 農商務省 地質調査所 所長
  • 第2代: 野田清一郎 (1931年4月 - 1941年4月)
  • 第3代: 安達禎 (1941年4月 - )


校地[編集]

校舎は旅順市西部 (札幌町) にあった元ロシア海兵団の煉瓦造建物を使用した。203高地 (爾霊山) の南東の麓にあたり、「霊陽」 と雅称された。

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

各書籍の詳細は、#関連書籍を参照のこと。

  1. ^ 『平和の鐘』 24頁。
  2. ^ 『平和の鐘』 19頁。
  3. ^ 『平和の鐘』 22頁-23頁。旅順工科学堂の旗は白、南満医学堂の旗は赤。紅 (赤) が敗れ、白が勝つ歌詞とされている。
  4. ^ 『平和の鐘』 28頁。
  5. ^ 『平和の鐘』 巻末資料にもフルネームは記されていない。

関連書籍[編集]

  • 旅順工科大学同窓会(編) 『平和の鐘』 旅順工科大学同窓会本部、2000年12月。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]