トーマス・フォーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トム・フォーリー
Thomas Foley
SpeakerFoley.jpg
生年月日 1929年3月26日
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントン州スポケーン
没年月日 2013年10月18日(満84歳没)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントン州
出身校 ゴンザガ大学
ワシントン大学
所属政党 民主党
配偶者 ヘザー・ストラカン・フォーリー

アメリカ合衆国下院議長
任期 1989年6月6日 - 1995年1月3日
元首 ジョージ・H・W・ブッシュ
ビル・クリントン

アメリカ合衆国下院議員
ワシントン州第5区選出
任期 1965年1月3日 - 1995年1月3日

任期 1998年11月19日 - 2001年4月1日
元首 ビル・クリントン
ジョージ・W・ブッシュ
テンプレートを表示

トーマス・スティーヴン・フォーリー英語: Thomas Stephen Foley, 1929年3月26日 - 2013年10月18日 )はアメリカ合衆国の政治家、連邦下院議員ワシントン州選出、1964年 - 1994年)。連邦下院議長1989年 - 1995年)。駐日大使1997年 - 2001年)。

経歴[編集]

ワシントン州スポケーン出身。ワシントン州立大学へ進学し弁護士、州の司法次官を経て1964年に民主党から連邦下院議員に当選。以来30年間当選を重ねる。1989年第57代下院議長に就任。1994年に民主党大敗のあおりを受けて落選。現職下院議長の落選は、1862年にガルーシャ・A・クロウが落選して134年ぶりであった。

選挙区であるワシントン州は日本との関係が深く、フォーリー自身も親日派として日本との交流に熱心であった。この点が評価されて1996年に勲一等旭日桐花大綬章に叙され[1]、1997年にはウォルター・モンデールの後任として駐日大使に起用された。在任末期にえひめ丸事故が発生し、その処理に奔走した。

着任の翌年より、在日本アメリカ合衆国大使館の敷地の賃貸料の未納を引き起こし、以後彼の在任期間中には敷地の賃貸料は未払いのまま任期を終えた。


2013年10月18日、ワシントンの自宅で死去[2]。満84歳没。


逸話[編集]

柔道を趣味のひとつとし、そこから派生したブラジリアン柔術も学んだ[3]。大使館の地下には畳がしかれ、大使用の柔術着も置かれていたという[4]。初期に「野蛮・残酷」と批判された総合格闘技MMA)というスポーツにも理解を示し、米国大使として駐日中だった、1999年に日本で開催されたUFC 23大会ではヘビー級王座決定戦に勝利したケビン・ランデルマンのベルトを巻く役を務めた。

出典[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ウィリアム・R・ポアジ
下院農業委員会委員長
1975 - 1981
次代:
キカ・デ・ラ・ガルサ
党職
先代:
ジョン・ブラデマス
下院多数党院内幹事
下院共和党院内幹事

1981 - 1986
次代:
トニー・コールホ
先代:
ジム・ライト
下院多数党院内総務
下院共和党院内総務

1986 - 1989
次代:
ディック・ゲッパート
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国下院議長
1989年6月6日 - 1993年1月3日
1993年1月5日 - 1995年1月3日
次代:
ニュート・ギングリッチ
議会
先代:
ウォルト・ホーラン
ワシントン州選出下院議員
ワシントン州第5選挙区

1965 - 1995
次代:
ジョージ・ネサーカット