松本亦太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松本亦太郎
松本亦太郎
松本亦太郎

松本 亦太郎(まつもと またたろう、1865年11月3日慶応元年9月15日) - 1943年昭和18年)12月24日)は、日本心理学者。旧姓は飯野、1879年松本家の養子となる[1]

経歴[編集]

上野国高崎(現:群馬県高崎市)に生まれる。元良勇次郎と共に、同志社英学校草創期の学生。東京帝国大学文学部哲学科卒業。私費にてイェール大学に留学し音空間の研究で博士号を取得し、その後官費を受けライプツィヒ大学に留学してヴントの指導を受ける。1901年、東京帝国大学文科大学[2]にて心理学講師を嘱託され、実験心理学の講義に当たる。恩師元良勇次郎を助けて心理学の教育と研究にあたり、1903年心理学実験室を東京帝国大学に設立。1906年、新設の京都帝国大学教授となり心理学講座の新設に当たる。この間、京都市立絵画専門学校校長。元良死後の1913年、東京帝大教授となり心理学、倫理学を担当、心理学講座を新設する。1921年1月24日、帝国学士院会員となる[3]。1926年、定年退官。1927年、日本心理学会を創設、初代会長に就任する。日本における実験心理学の基礎を築いた。

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『実験心理学十講』弘道館、1914年。 NCID BN01096860 
  • 『精神的動作』六合館、1914年。 NCID BA53310586 
  • 『現代の日本画』北文館、1915年。 NCID BN04795833 
  • 『渡り鳥日記』実業之日本社、1917年。 NCID BN07428941 
  • 松本亦太郎 『実生活と心理』実業之日本社、1926年。 NCID BN01067308 
  • 『絵画鑑賞の心理』岩波書店、1926年。 NCID BN04658989 
  • 『現代の日本画』(改版)北文館、1927年。 NCID BN09448473 
  • 『素質の心理』岩波書店〈学芸叢書 3〉、1929年。 NCID BN01126065 
  • 『智能心理学』(縮刷版)改造社、1929年。 NCID BN1146274X 
  • 『諸民族の芸術』改造社、1930年。 NCID BN11084416 
  • 『心理学講話』(訂49版)改造社、1930年。全国書誌番号:47003416 
  • 『父母の態度』日本両親再教育協会、1931年。 NCID BN0289721X 
  • 『心理学史』改造社、1937年。 NCID BN01085296 
  • 『遊学行路の記』第一公論社、1939年。 NCID BN05361930 
  • 『山水人物画談』岩波書店、1940年。 NCID BN08844147 

論文[編集]

記念論集[編集]

  • 田中寛一、城戸幡太郎編 編 『心理学新研究 松本博士喜寿記念』岩波書店、1943年。 NCID BN10002096 

脚注[編集]

  1. ^ 大泉溥 編 『日本心理学者事典』クレス出版 (2003) ISBN 4-87733-171-9
  2. ^ 佐藤達哉(1997)通史日本の心理学
  3. ^ 『官報』第2542号、大正10年1月25日。
  4. ^ 『官報』第3559号「叙任及辞令」1924年7月4日。