野中生萌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野中 生萌
Climbing World Championships 2018 Boulder Final Nonaka (BT0A7830).jpg
Climbing World Championships 2018
個人情報
フルネームのなか みほう
国籍日本
生誕 (1997-05-21) 1997年5月21日(24歳)
東京都
身長162 cm (5 ft 4 in)
体重52 kg (115 lb)
スポーツ
日本の旗 日本
競技スポーツクライミング
 
獲得メダル
スポーツクライミング
日本の旗 日本
IFSC 世界選手権
2016 パリ ボルダリング
ワールドゲームズ
2017 ヴロツワフ ボルダリング

野中 生萌(のなか みほう[注 1]1997年5月21日 - )は、日本のスポーツクライマー東京都出身。XFLAG所属。

2016年9月、フランスパリで開催された「IFSC クライミング 世界選手権 ボルダリング種目」で2位。2017年7月 ポーランドヴロツワフで開催された「ワールドゲームズ2017 スポーツクライミング ボルダリング種目」で銀メダルを獲得[1]する。

競技会の戦績[編集]

[2][3]

国内大会[編集]

アジア大会・世界大会[編集]

開催年月 大会名 競技種目 [6][7]
リード ボルダリング スピード 複合
2014年8月 世界選手権 ドイツの旗 ドイツ:ミュンヘン 15位
2014年10月 アジア選手権 1位
2015年8月 世界ユース選手権(ジュニア) 2位
2015年11月 アジア選手権 1位 15位
2015年12月 アジアユース選手権(ジュニア) 1位 2位
2016年9月 世界選手権 フランスの旗 フランス:パリ 2位
2016年11月 世界ユース選手権(ジュニア) 4位
2017年7月 ワールドゲームズ2017 ポーランドの旗 ポーランド:ヴロツワフ 2位
2018年9月 世界選手権 オーストリアの旗 オーストリア:インスブルック 16位 5位 28位 5位
2018年11月 アジア選手権 8位 4位 6位 2位
2019年8月 世界選手権 日本の旗 日本:八王子 26位 5位 25位 5位

ワールドカップ[編集]

ボルダリング

  • 2014年 インスブルック 6位、トロント 4位、海陽 6位、ラヴァル 2位
  • 2015年 ベイル 4位、重慶 2位、海陽 4位
  • 2016年 - 年間総合2位 [8]
    • 加須 3位、重慶 3位、ナビムンバイ 1位、インスブルック 3位、ベイル 5位、ミュンヘン 1位
  • 2017年 マイリンゲン 3位、南京 3位、八王子 3位、ベイル 3位、ナビムンバイ 2位
  • 2018年 - 年間総合優勝 [9][10]
    • マイリンゲン 1位、モスクワ 2位、重慶 2位、泰安 2位、八王子 2位、ベイル 2位、ミュンヘン 2位
  • 2019年 呉江 4位、ベイル 4位

リード

  • 2018年 ヴィラール 6位
  • 2019年 印西 5位

国際大会[編集]

ボルダリング

  • 2017年 チャイナオープン広州 1位
  • 2019年 ワールドビーチゲームス 1位

リード

  • 2017年 チャイナオープン広州 6位

スピード

  • 2018年 Outdoor Village SPEED STARS 6位
  • 2019年 au SPEED STARS 5位

複合

  • 2019年 チャイナオープン広州 1位

ギャラリー[編集]

第15回 ボルダリング・ジャパンカップ - 2020年2月8-9日
第2回 スピード・ジャパンカップ - 2020年2月22日

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ローマ字表記は、Miho Nonaka。名前の読み方は「みほ」ではなく「みほう」である。野中生萌 公式サイト( mihounonaka.com )より。

出典[編集]

  1. ^ ボルダリング、女子は野中が銀 ワールドゲームズ”. 日本経済新聞 (2017年7月22日). 2019年6月14日閲覧。
  2. ^ 野中 生萌 選手情報”. 日本山岳・スポーツクライミング協会. 2019年6月14日閲覧。
  3. ^ RESULTS”. IFSC. 2019年6月14日閲覧。
  4. ^ 21歳の野中生萌が日本一に クライミング・スピード”. 朝日新聞デジタル (2019年2月10日). 2019年6月14日閲覧。
  5. ^ 野中生萌が今季国内3冠を達成/第2回コンバインドジャパンカップ”. CLIMBERS (2019年5月26日). 2019年6月14日閲覧。
  6. ^ 種目とルール”. 日本山岳・スポーツクライミング協会. 2019年6月14日閲覧。
  7. ^ 競技を動画で説明”. 日本山岳・スポーツクライミング協会. 2019年6月14日閲覧。
  8. ^ ワールドカップボルダリング最終戦で楢崎智亜、野中生萌が優勝”. 日本山岳・スポーツクライミング協会 (2016年8月14日). 2019年6月14日閲覧。
  9. ^ 21歳野中生萌が初の総合優勝 W杯ボルダリング”. 日刊スポーツ (2018年8月19日). 2019年6月14日閲覧。
  10. ^ MIHO NONAKA”. IFSC. 2019年6月14日閲覧。

外部リンク[編集]