阪井徳太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
阪井 徳太郎
Sakai Tokutarō.jpg
生誕1868年
死没1954年
出身校立教大学
ホバート大学
ハーバード大学
職業実業家国家公務員牧師

阪井 徳太郎(さかい とくたろう、1868年 - 1954年 )は、日本の実業家国家公務員牧師。第25代三井合名会社理事、内閣総理大臣秘書官、外務大臣秘書官。同志会学生寮設立者。ルドルフ・トイスラーを支援し、聖路加病院の国際化に貢献した。聖公会信徒[1][2][3]

人物・経歴[編集]

愛知県の士族、阪井久の長男として1868年(明治元年6月)に生まれる[4]

立教大学卒業。1888年(明治21年)には、築地聖三一教会でチャニング・ウィリアムズより洗礼を受けた[5]

1892年(明治25年)12月に米国に渡り、ニューヨーク州ホバート大学英語版を卒業。その後ハーバード大学神学哲学を修め、1898年(明治31年)に修士号(M.A.)を取得[2]。米国留学中はクリスチャンの学生寮に寄宿するが、そこは高い志に溢れた若者が、キリスト教精神に基づき、暖かな交流をする家庭寮であり、深く感銘を受ける。このようなキリスト教精神に基づいた家庭寮こそが、日本の将来の指導者を真に育成するに不可欠だと思い、クリスチャン学生寮の輸入を構想することとなった。

1899年(明治32年)11月から半年に渡り、ボストンの富豪フランク・H・ビービー(Frank H Bebe)の随行秘書として欧州、アジアを歴訪し、1900年(明治33年)5月に日本に一時帰国した。この時、ビービーに祖国日本にキリスト教の精神に基づく学生寮を作る構想を伝え、彼の援助を得ることに成功した。ボストンに戻ってから彼は、ビービー他からの寄付集めに奔走し、当時の金額で5万ドルを集めて、1902年の早春に帰国した。34歳独身だった彼は、同年10月に本郷区(現・文京区)根津権現の裏手にキリスト教の基づく学生寮「同志会」を建て、学生らとともにこの寮に起居した[1]
同志会への入寮者は当初は東大生に限られていたが、現在はどの大学の学生でも入寮できる。同志会は創立から100年以上に渡る歴史があり、各界で活躍する人材を輩出している[1]。)

阪井は、日露戦争国債募集に際して渡米使節の通訳官をつとめ、また、ポーツマス条約締結に際して小村寿太郎外務大臣とセオドア・ルーズベルト大統領の通訳をつとめた。その後、外務大臣秘書官となり、小村をはじめ、加藤高明牧野伸顕桂太郎などに仕えた[5]。1912年(大正元年)12月からは、内閣総理大臣秘書官を兼務した[3]

同1912年(大正元年)には、聖公会聖路加病院を国際病院に発展させるため、院長のルドルフ・トイスラーを支援し、新病院建設計画の後援会幹事に就任。初代会長にはチャニング・ウィリアムズの長崎時代の弟子であった大隈重信が就任。渋沢栄一桂太郎なども会員となった[6]

1914年(大正2年)7月には、聖路加病院への援助をより強固にするために、大隈重信が病院に対する援助方法を検討し、評議員組織「大日本国際病院設立評議会」が発足。会長に大隈重信、副会長に後藤新平、渋沢栄一、阪谷芳郎が就任。評議会には、新渡戸稲造尾崎行雄近藤廉平服部金太郎、青山胤道(東京帝国大学医科大学学長)など多くの名士や実業家が参加した。こうした政財界の有力者が数多く参加し、トイスラーが支援者のつながりを持てたのは、評議会の実行委員を務めた阪井の尽力が大きかった[5]

1915年(大正4年)に官界を退いた後、三井財閥の中心機構である三井合名会社の第25代理事となり、経済界との関係性をさらに増していった[5]

阪井は、聖路加の国際病院化計画のために、三井家岩崎家から5万円ずつ、合計10万円の寄付を得ることにも尽力した。同時に、立教学校(現・立教大学)初代校長を務めたジェームズ・ガーディナーが設計した本郷の東京聖テモテ教会の副牧師をつとめるなど、クリスチャンとしても教会に貢献した[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 公益財団法人同志会のご紹介
  2. ^ a b 阪井 徳太郎
  3. ^ a b 任免裁可書・大正元年・任免巻二十九
  4. ^ 名古屋大学大学院法学研究科『人事興信録』データベース
  5. ^ a b c d e 藤本大士「医療宣教師トイスラーの文化外交 : 1911‐1917年の聖路加病院国際病院化計画における日米政財界の協力」『アメリカ太平洋研究』第20号、東京大学大学院総合文化研究科附属グローバル地域研究機構アメリカ太平洋地域研究センター、2020年3月、 75-91頁、 ISSN 1346-2989
  6. ^ ビジネスクリエーター研究・創刊号『病院組織の発展段階モデルの検証―聖路加国際病院の事例研究』羽田明浩 立教大学大学院 2009年11月 (PDF)