阪井徳太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阪井徳太郎(さかい とくたろう、1868年 - 1954年 )は、日本の国家公務員同志会学生寮設立者。聖公会信徒[1][2]

人物・経歴[編集]

立教大学卒業。1892年12月に米国に渡り、ニューヨーク州ホバート大学を卒業。その後ハーバード大学神学を学び1898年に修士号を取得[2]
米国留学中はクリスチャンの学生寮に寄宿するが、そこは高い志に溢れた若者が、キリスト教精神に基づき、暖かな交流をする家庭寮であり、深く感銘を受ける。このようなキリスト教精神に基づいた家庭寮こそが、日本の将来の指導者を真に育成するに不可欠だと思い、クリスチャン学生寮の輸入を構想することとなった。

1899年11月から半年に渡り、ボストンの富豪フランク・H・ビービー(Frank H Bebe)の随行秘書として欧州、アジアを歴訪し、1900年5月に日本に一時帰国した。この時、ビービーに祖国日本にキリスト教の精神に基づく学生寮を作る構想を伝え、彼の援助を得ることに成功した。ボストンに戻ってから彼は、ビービー他からの寄付集めに奔走し、当時の金額で5万ドルを集めて、1902年の早春に帰国した。34歳独身だった彼は、同年10月に本郷区(現・文京区)根津権現の裏手にキリスト教の基づく学生寮「同志会」を建て、学生らとともにこの寮に起居した[1]

阪井は、三井合名会社理事、内閣総理大臣秘書官、小村寿太郎外務大臣秘書官なども務めた[1][2][3]

同志会への入寮者は当初は東大生に限られていたが、現在はどの大学の学生でも入寮できる。同志会は創立から100年以上に渡る歴史があり、各界で活躍する人材を輩出している[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]