アメリカ研究

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アメリカ研究(American Studies)は、アメリカ合衆国についての総合的知識と理解を、文学歴史社会政治経済教育などから多面的かつ学際的に研究し、深めようとする学問分野である[1]

概要[編集]

アメリカ本国では、1970年代以降大きく広まっている研究である[2]。大抵は地域研究の一種とみなされる。

アメリカ合衆国は、奴隷制度近代市民社会から始まった移民国という特殊な国家であるため、ポピュラーカルチャーなどを理解する意味でも、従来の伝統的学問とは異なる研究方法がなされている[2]

創設の概念[編集]

米国外[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Winfried Fluck (2003). Theories of American Culture, Theories of American Studies. Gunter Narr Verlag. ISBN 3-8233-4173-1. https://books.google.com/books?id=1ym7FW6rNnoC&pg=PR9 2011年6月21日閲覧。 
  2. ^ a b ICU (国際基督教大学)

参考文献[編集]

  • Herlihy-Mera、Jeffrey。アメリカ研究後:国境を越えた例外主義の遺産を再考する(ラウトレッジ; 2018)
  • Bieger、Laura、Ramon Saldivar、およびJohannesVoelz編。イマジナリーとその世界:トランスナショナルターン後のアメリカ研究(ダートマスカレッジプレス/ニューイングランド大学プレス; 2013)312 pp
  • Kurian、GeorgeT.ed。アメリカ研究百科事典(4巻。 Groiler:2001)
  • マドックス、ルーシー、編アメリカ研究の特定:分野の進化ジョンズ・ホプキンズ大学出版英語版1998年)、ISBN 0-8018-6056-3
  • ピーズ、ドナルドE.とロビンウィーグマン編。アメリカ研究の未来(デューク大学出版会2002)、ISBN 0-8223-2965-4
  • リプシッツ、ジョージ。危険の瞬間のアメリカ研究(ミネソタ大学出版局、2001年)、ISBN 0-8166-3949-3
  • 「岐路に立つアメリカ研究」 https://web.archive.org/web/20120508024141/http://ragazine.cc/2011/12/discourse-american-studies/

図書館ガイド[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]