塩井雨江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塩井 雨江(しおい うこう、1869年1月3日 - 1913年2月1日)は、詩人国文学者

兵庫県出身。本名・正男。1895年東京帝国大学文科大学国文科卒。落合直文に師事。1895年『帝国文学』の創刊とともに編集委員となり、擬古文で名を知られた。1902年日本女子大学校教授、1911年奈良女子高等師範学校教授。美文典範で知られる。[1]

著書[編集]

  • 『中学日本文典』六盟館 1897
  • 『暗香疎影 美文韵文』博文館 1901
  • 『中学国文典』六盟館 1901
  • 『韻文作法』人文社 1903
  • 『女子文章作法』東洋社 1907
  • 『新古今集詳解』明治書院 1897-1908
  • 新古今和歌集詳解』明治書院 1908
  • 『雨江全集』武島羽衣,大町桂月編 博文館 1913

共著[編集]

  • 『花紅葉 美文韻文』共著 博文館 1896
  • 『新体日本文学史』高橋竜雄共著 普及舎 1902
  • 『女子軍歌』白井規矩郎曲 博文館 1904
  • 『新体女子用文』小野鵞堂 中村春堂書 文栄閣 1909
  • 『時文軌範』中村茂文共編 水野書店 1909

翻訳[編集]

[編集]

  1. ^ 『日本近代文学大事典』講談社、1984

外部リンク[編集]