中央大学大学院法務研究科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中央大学 > 中央大学大学院法務研究科

中央大学大学院法務研究科(ちゅうおうだいがくだいがくいんほうむけんきゅうか、英称: Chuo Law School(CLS))は、中央大学市ヶ谷キャンパスに設置される法科大学院たる研究科である。英吉利法律学校を源流とする法曹養成機関である[1]

概要[編集]

19世紀後半に創立された英吉利法律学校を源流とし、2004年に法科大学院として中央大学大学院法務研究科(Chuo Law School(CLS))が設立された[2]。以降、高い司法試験合格実績を誇り、2017年には東京大学京都大学一橋大学慶應義塾大学早稲田大学神戸大学とともに、先導的法科大学院懇談会(LL7)を結成した[3]

しかし、全国的に法科大学院定員割れ問題が続くなど、法曹養成制度を巡る困難が止むことなき中、2018年には司法試験短答式試験の合格率が全国平均を下回り[4]、また入学者は、定員200名のところ95名となり、大幅な定員割れに陥る前代未聞の事態となった[5]

沿革[編集]

専攻[編集]

  • 法務専攻

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 酒井正三郎総長「中央大学の「看板」 法学部が移転する3つの理由」2017.11.24 07:00AERA#教育
  2. ^ a b c d e f g h i 「中央大学のあゆみ」中央大学
  3. ^ 「LL7とは」先導的法科大学院懇談会
  4. ^ 「平成30年短答式試験結果[PDF:247KB」]法務省
  5. ^ 「各法科大学院の平成30年度入学者選抜実施状況等」文部科学省

外部リンク[編集]