谷口藍田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
谷口藍田

谷口 藍田(たにぐち らんでん、文政5年8月15日1822年9月19日) - 明治35年(1902年11月14日[1])は江戸時代から明治時代儒学者。名は中秋、字は大明、別号に介石。幼名は秋之助。肥前国有田(現・佐賀県有田町)出身[1][2]

儒学漢学洋学など内外の学問を学び、近代教育の父と呼ばれている。幼い頃は神童と呼ばれた。九州の谷口家とは別の流れの子孫有り。将棋棋士六段の間宮純一は谷口藍田の外孫である。谷口藍田が伊豆で暮らしていた時に網元の娘との間に産まれた娘の長男である。[要出典]

医師三宅省蔭の二男・佐賀藩士谷口寛平の息子、母は儒学者清水龍門の姉・縫。天保11年(1840年)、英彦山の玉蔵坊に易経を学び、また広瀬淡窓咸宜園に入って塾頭を務める。天保14年(1843年)、江戸に出て羽倉簡堂に入門し、佐藤一斎佐久間象山坪井信道伊東玄朴らと交流した。高野山や京都では仏典の研究にも当たった。嘉永元年(1848年)、佐賀藩校・弘道館に入り、草場佩川武富圯南に学び、江藤新平副島種臣らと交流した[2]

嘉永4年(1851年)、私塾を開く。長崎を訪れた際に大隈重信らと王政復古の運動にも関与したり、グイド・フルベッキに対面するなどした。明治2年(1869年)、鹿島藩鍋島直彬に招聘され、藩校弘文館教授、および藩の権大参事を務めた。その後、沖縄・熊本・大阪などの各地で経書の講義を行ない、また明治26年(1893年)には北白川宮能久親王の招きを受け、宮家子弟の教育を行なった。明治29年(1896年)、東京に私塾・藍田書院を開いた。明治35年(1902年)11月14日、麹町相模屋で入浴後に脳溢血で倒れ、死去[1][3][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ a b c 有田町歴史民俗資料館報 No.32
  3. ^ ふるさとの先人たち 谷口藍田 武雄市歴史資料館