志賀重昂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
志賀重昂

志賀 重昂(しが しげたか、文久3年11月15日1863年12月25日) - 昭和2年(1927年4月6日)は、日本の地理学者評論家教育者衆議院議員。誕生日は9月15日(1863年10月27日)ともいう。矧川(しんせん)[1]・矧川漁長を号した。

生涯[編集]

岡崎藩の藩校の儒者・志賀重職の長男として、三河国岡崎康生町(現・岡崎市康生町)に生まれた。明治元年(1868年)に重職が没した後は、母・淑子(しく)の実家、松下家で育った。

明治7年(1874年)より攻玉社で英学・数学・漢学を修めて同11年(1878年)に退学。しばらく江木高遠に学んだのち、大学予備門に進み、約2年間学ぶ。明治13年(1880年)、札幌農学校に転じた。3学年上に内村鑑三らがいた[2]。 後年、共に政教社の同人となる宮崎道正・菊池熊太郎・今外三郎を知った。在学中、北海道の山野および青森県各地を歩き回った。政治への関心を深めた。

明治17年(1884年)、札幌農学校を卒業し、県立長野中学では植物科を担当し、長野県中学校教諭も務め、また長野県師範学校講師として地理科を教えた。だが、酒席での県令木梨精一郎とのトラブルで翌年辞職し、上京して丸善に勤めた[3]。 同年末、海軍兵学校の練習艦「筑波」に便乗してイギリス巨文島占領の状況を探り、領土問題で緊張していた対馬周辺を視察した[4]。 明治19年(1886年)、再び筑波に便乗して南太平洋の諸島(カロリン諸島オーストラリアニュージーランドフィジーサモアハワイ諸島)を10ヶ月にわたって巡り、翌年に出版した『南洋時事』で、列強の植民地化競争の状況を報じて警世した。この著により、東京地学協会の終身名誉会員に推された。

その後、杉浦重剛東京英語学校地理学を教え、明治21年(1888年)4月、同人らと政教社を組織し、編集人として、機関誌『日本人』を創刊した。国粋主義を標榜したが、それは、日本のすべてを讃え外国のすべてを退ける排他的な思想ではく、重昂によれば次のようなものであった。「宗教・徳教・美術・政治・生産の制度は「国粋保存」で守らねばならぬが、日本の旧態を守り続けろとは言わない。ただし西欧文明は、咀嚼し消化してから取り入れるべきだ」(『日本人』第2号所載、『「日本人」が懐抱する処の旨義を告白す』の一節の大意)。

明治22年(1889年)、大隈重信条約改正案の不備を非難する論陣を張り、反対運動の『日本倶楽部』を結成した。明治26年(1893年)、自宅にイサム・ノグチの父でのちに詩人となった野口米次郎が寄宿した。明治27年(1894年)8月からの日清戦争に際し、120余の新聞雑誌同盟の代表として、『自主外交主義』を唱えた。この年、松野鉄千代と結婚した。ロングセラー、『日本風景論』を出版した。

明治28年(1895年)、東京専門学校講師となり、地理学を講じた。明治29年(1896年)、進歩党名誉幹事になった。明治30年(1897年)、農商務省山林局長に就いたが、内閣を批判して懲戒免官にされた。

明治31年(1898年)、第1次大隈内閣の外務省勅任参与官となり、南鳥島の日本領土化に尽力したが、秋には内閣の総辞職で下野し、憲政本党に属した。政教社からは次第に離れた。明治32年(1899年)、憲政本党から派遣されて、厦門揚子江流域を視察した。明治33年(1900年)、立憲政友会へ移り、党報を編集した。

明治35年(1902年)、政友会から立候補して衆議院議員になったが、同37年(1904年)には落選して政治から離れ、地理学に専念した。日露戦争仁川京城旅順で約半年観戦した。主に第三軍司令部において、外交顧問や通訳などに従事し、軍司令官の乃木希典の知遇を受けた。松本君平の東京政治学校の講師を務めた。

明治38年(1905年)、東京地学協会主幹・大日本水産会幹事の資格で、樺太を視察した。また、海防艦「松江」で沖縄列島を巡回した。翌年、南樺太領有に関しアレクサンドロフスク・サハリンスキーで開かれた日露委員会に出席し、約半年、同島の測量・伐採・撮影をした。

明治40年(1907年)と同41年(1908年)、韓国へ行った。明治43年(1910年)、巡洋戦艦「生駒」に便乗し、世界を巡った。

明治44年(1911年)、早稲田大学教授とな、その死まで在職した。日本山岳会の名誉会員に推された。大正元年(1912年)に、カリフォルニア州とハワイ諸島へ、同3年(1914年)に、ハワイ諸島・カナダワシントンD.C.キューバメキシコを巡り、同4年(1915年)、満州蒙古に講演旅行をした。

大正6年(1917年)、英国王立地学協会の名誉会員になった。大正11年(1922年)、南部アフリカ南アメリカを巡回した。大正12年(1923年)、インド中近東ヨーロッパ北米を巡り、中東の石油事情とアラブ - イスラエル問題とに注目した。

昭和2年(1927年)3月、左膝関節炎を手術後に没した。63歳。青山斎場で葬儀を執り行った。戒名は章光院矧川日浄居士。

遺構[編集]

墓所は、遺言により東京都杉並区下高井戸宗源寺にある[5]。 出生地、岡崎市の世尊寺[6]に分骨されている。東天竺山世尊寺は、重昂が企画して果たさなかった遺志に従い、地元の人たちが昭和3年(1928年)10月に落成させた寺院である。隣接する岡崎市東公園には重昂が明治44年(1911年)に東京の邸内に設けた亭を昭和4年(1929年)に移築した『南北亭』 [7]もある。

日本ラインの名は、大正2年(1913年)、重昂の命名によった。美濃加茂市祐泉寺に記念碑が建つ[8]。 また、恵那峡の名は、大正12年(1923年)、重昂の命名によった[9]

昭和36年(1961年)7月1日、岡崎市の名誉市民に推挙された[10]

おもな文業[編集]

以下の列記の → 印の後は、最新と思われる重版・改版。

単行本[編集]

  • 南洋時事』、丸善(1887.4)→ 「日本の地理学文献選集1第1巻」、クレス出版(2007.5)に収録
  • 『History of nations』、丸善(1888)
  • 地理学講義』、敬業社(1889.8)→ 「日本の地理学文献選集1第1巻」、クレス出版(2007.5)に収録
  • 『古代史』、(『史学』、東京文学院(1890)(講義録])」に収録
  • 日本風景論』、政教社(1894.10)→ 岩波文庫(1995)ISBN 4003311213 → 一穂社 名著古典籍文庫(2004.12)ISBN 9784861810114
  • 河及湖沢』、政教社 山水叢書(1897.1)→ 増補5版、文武堂(1901.5)→ 「明治後期産業発達史資料第666巻、龍溪書舎(2003.3)」に収録
  • 『地理学』、東京専門学校(1897.4)(以降1901年頃まで、同じ書名で年度ごとの講義録を刊行)
  • 内外地理学講義』、谷島屋書店(1899.1)
  • 新万国地図 5版』、丸善(1900.8)
  • 『地理學講義 11版』、文武堂(1901.11)
  • 中学地理. 日本之部』、冨山房(1903.4)
  • 地理教科書 本邦篇 訂2版』、冨山房(1904.1)→ 新訂(1911)
  • 地理教科書 外國篇 上中下』、冨山房(1904.1)→ 再訂改版(1906)
  • 地理講話』、早稲田大学出版部 早稲田通俗講話6(1906.12)
  • 『最新地図本邦之部』、冨山房(1908)
  • 『最新地図世界之部』、冨山房(1908)
  • 『大役小志』、東京堂博文館(1909.11)(旅順港従軍・樺太踏破ほか)
  • 『世界写真図説. 雪』、地理調査会(1911.7)
  • 『世界山水図説』、冨山房(1911.9)
  • 『旅順攻囲軍』、東京堂(1912.3)
  • 『続世界山水図説』、冨山房(1916)
  • 国民当用世界当代地理』、金尾文淵堂(1918.7)
  • 『知られざる国々』、地理調査会(1926.11)→ 日本評論社 明治文化叢書6(1943)

全集[編集]

  • 志賀冨士男編:『志賀重昂全集』全8巻、志賀重昂全集刊行会(1927.12 - 1929.3)→ 日本図書センター(1995.2)

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 矢作川のこと。
  2. ^ のち北海道帝国大学、18歳で、第5期生として入学。(岡田俊裕著 『日本地理学人物事典 [[近代編 1 ] 』 原書房 2011年 125ページ)
  3. ^ 岡崎地方史研究会会長・長坂昭一「志賀重昂と郷土岡崎」14頁。
  4. ^ 岡田俊裕著 『日本地理学人物事典 [近代編Ⅰ] 』 原書房 2011年 125ページ
  5. ^ 宗源寺|杉並区下高井戸にある日蓮宗系単立寺院
  6. ^ 東天竺山 世尊寺
  7. ^ 等じゅ庵・南北亭/岡崎市
  8. ^ 美濃加茂市観光協会 祐泉寺
  9. ^ 角川日本地名大辞典 21
  10. ^ 『新編 岡崎市史 総集編 20』 新編岡崎市史編さん委員会、1993年3月15日、615頁。
  11. ^ 朝日新聞』1987年4月1日、東海総合面。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]