PLランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

PLランド(ピーエルランド)は、大阪府富田林市にかつて存在した遊園地パーフェクト リバティー教団(PL教団)の広大な敷地内に建設され、同教団のベンチャー企業である光丘が経営していた。閉園前の数年間は、「桜ヶ丘遊園(さくらがおかゆうえん)」の名称に変更して運営されていた。

概要[編集]

1957年開園。規模や施設面で当時の地域としては充実した遊園地であり、多くの集客があった。特に春期には池の周りの「一万本のPLざくら」、夏季には「関西一と言われる2万人収容の大プール群」と称するプール施設で人気を呼んでいた。 PL花火PL学園とともに、PL教団の知名度向上に貢献していたが、1980年代になると来場者が減少し、その後規模を縮小しながら遊園地名を「桜ヶ丘遊園」に変更し、営業を継続した。1989年9月に完全閉園した。現在は跡地の一部で劇団カッパ座の劇場施設として幼稚園団体向けの公演などに用いられていることや、教団会員の為の宿泊施設としてのログハウスなどを除けば、広大な跡地のほとんどは教団関係者以外には一般開放されていない。

主な施設[編集]

関連項目[編集]