御木徳一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

御木 徳一(みき とくはる、明治4年1月27日1871年3月17日) - 昭和13年(1938年7月6日)は日本宗教家PL教団の前身であるひとのみち教団教祖

略歴[編集]

愛媛県生まれ。1879年黄檗宗から得度し、1893年に松山の安楽禅寺住職となり、斬新な説教と指導で若者たちから尊敬され寺は栄えた。かつての師匠福山大道の依頼で安城寺の住職を継いだが、生活が立ち行かず1910年還俗し大阪へ移住する。

貧困と病の中で、後に御嶽教徳光大教会教祖となる金田徳光(かなだ とくみつ)と出会い、1916年4月、長男の御木徳近と共に徳光大教会教師となる。金田教祖の信望を得て「御木さん、私が死んだら、ヒモロギを植えてそれを毎日拝んでいなさい」との遺言を託される。1919年に金田が死去した後は、徳光大教会は疲弊し解散した。

金田の遺言を守り彼の教えを完成させた御木は、1924年に正統な後継者として徳光大教会を再建。この頃、橋本鄕見が徳一の元を訪れる。徳一は橋本に「金田教祖の供をして、私(徳一)が高野山に行った時のこと、金田教祖は私に『御木さん、私もこの高野山のような教えの本山というようなところを、どこかに開かねばならんとおもっている』と言われたことがあったのだが……」と伝える。また、徳一は橋本に「高野山の奥の院に金田教祖が、生前に自分の墓地をここにしてもらいたいといって、龍泉院(高野山)の院主と約束されたところがある。それは、現地に行って尋ねたらわかっているはずだから、現地を見てきてもらいたい」と伝える。

その後、1928年扶桑教人道徳光教会と改称。1931年2月、扶桑教ひとのみち教団と改称。1934年に仮本殿を建立(千畳敷の大広間あり)。

1936年、教祖の地位を長男の御木徳近に譲位。同年9月28日、ひとのみち教団盛岡支部長の娘を強姦した容疑で警察に逮捕される。

内務省は同様に急速に発展した大本教1935年に弾圧していた。翌1937年、教義が皇室に不敬であるとの理由により当局によって解散させられる。1938年、厳しい取り調べで衰弱した徳一は保釈され自宅療養中に死去した。

徳一の死後、1944年に教団の不敬罪が確定したが、1945年マッカーサー司令部令により無罪となった。

参考文献[編集]

  • 伝記編纂委員会『金田徳光先生伝 教祖生誕百年記念出版』自然社、1993年1月。
  • 自然社本宮造営史編纂委員会『自然社本宮造営史』自然社、1973年10月27日。

脚注[編集]

関連項目[編集]