大平和祈念塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大平和祈念塔

大平和祈念塔(だいへいわきねんとう)は、大阪府富田林市にあるタワー。通称は「PLの塔」または「PLタワー[要出典]

概要[編集]

正式名称は「超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔」で、高さ180mの粘土細工のような造形の白い塔である。このデザインはパーフェクト リバティー教団(PL教団)二代教祖の御木徳近によるものである[1]

歴史上のあらゆる戦没者人種民族国家国境地域、また宗教宗派信条などを問わず慰霊と鎮魂するため、PL教団が建立し管理運営する慰霊塔平和への祈念塔を兼ねるもの。塔の低層階は戦没者でない一般にも開放されている。の設計は日建設計、施工は東急建設である。塔の下部には神殿もあり、毎年8月1日に年祭と呼ぶ祭事を行う[2]1970年(昭和45年)8月1日 に落成。

展望塔の内部にエレベーター、上部に展望台を設けているため、落成直後は展望台を信者以外の一般客にも公開していた。教団が当時近隣の敷地内で遊園地(PLランド)を運営していたことなどによるものだが、後に、展望台の一般公開やエレベーターの運行を停止。PLランドも、規模の縮小や「桜ヶ丘遊園」への改称などを経て、1989年(平成元年)9月に閉園した。現在は、教団の信者も、塔の下部にある神殿への参拝しか認められていない。

脚注[編集]

  1. ^ 五十嵐太郎『新宗教と巨大建築』講談社〈講談社現代新書〉、2001年、199頁。ISBN 4-06-149580-1
  2. ^ あらゆる戦争犠牲者の霊を超宗派で奉祀”. パーフェクト リバティー教団. 2009年10月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年11月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度30分07秒 東経135度35分10秒 / 北緯34.5019度 東経135.586度 / 34.5019; 135.586