清海鎮海運

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
(株)清海鎮海運
Chonghaejin Marine Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 韓国の旗 韓国
仁川広域市
設立 1999年3月10日
業種 海運業
事業内容 国内定期航路の運航
代表者 김한식(キム・ハンシク)
資本金 55億2500万ウォン(2013年)
従業員数 118人(2013年)
外部リンク http://www.cmcline.co.kr/
特記事項:本店は済州市、麗水・ソウルに営業所
テンプレートを表示
清海鎮海運
各種表記
ハングル (주)청해진해운
漢字 淸海鎭 海運
発音 チョンヘジン ヘウン
英語表記: Chonghaejin Marine
テンプレートを表示

(株)清海鎮海運(チョンヘジンかいうん、(주)청해진해운, CMC)は、かつて存在した大韓民国(韓国)の海運会社である。

仁川 - 済州、仁川 - 麗水 - 巨文島などでの定期航路運航のほか、ソウル特別市漢江水上タクシー事業を行っていた。

2014年4月16日、保有する大型旅客船「セウォル(世越: SEWOL)」が、全羅南道珍島郡観梅島沖海上で転覆し、沈没する事故を起こした。

以降、全路線の運航が停止され、のちに路線免許の取り消しにより事業継続が困難となり、2014年5月には不渡りにより事実上倒産した。

沿革[編集]

船舶[編集]

経営[編集]

京郷新聞によると[5]清海鎮海運は 1997年不渡り処理されたセモ海運(経営者はユ・ビョンオン、兪炳彦)を前身として1999年2月に設立され、ユ・ビョンオンの2人の息子が最大株主であるアイウォンアイホールディングスが事実上支配する会社であることが明らかにされた。ユ・ビョンオンはキリスト教福音浸礼会(別名、救援派)の牧師で 1987年終末論を立てて信徒たちが集団自殺した ‘五大洋事件’の背後にいる人物と目され検察捜査を受けたことがある。救援派関係者たちの間では “清海鎭海運は救援派信徒たちが多数関わっている会社”という証言が出ている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]