鈴木崇弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木 崇弘(すずき たかひろ、1954年 - )は、日本の政治学者、政策研究者。中央大学大学院公共政策研究科客員教授城西国際大学大学院国際アドミニストレーション客員教授。日本国際フォーラム政策委員[1]一般財団法人日本政策学校共同代表[2]

宇都宮市生まれ。東京大学法学部を卒業後、イースト・ウエスト・センター奨学生として同センターおよびハワイ大学大学院に留学し、政治学未来学専攻で修士号を取得。総合研究開発機構日本国際フォーラム笹川平和財団日本財団を経て東京財団研究事業部長・大阪大学特任教授・フロンティア研究機構副機構長などを歴任する。

自民党シンクタンクだったシンクタンク2005・日本の事務局長も務めていた[3]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
  2. ^ http://j-policy.org/rinen/staff#suzuki
  3. ^ 鈴木崇弘 (2011年2月28日). “万感の思いで迎える自民党シンクタンク解散”. WEBRONZA. 2011年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]