秋山寿延

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋山 壽延(あきやま としのぶ、1944年7月15日 - )は、日本裁判官公証人最高裁判所事務総局総務局第一課長、最高裁判所上席調査官福島地方裁判所所長、東京高等裁判所部総括判事等を歴任した。

人物・経歴[編集]

中央大学卒業後、東京地方裁判所判事補、最高裁判所事務総局公報課付、最高裁判所事務総局行政局参事官、最高裁判所事務総局行政局第二課長、最高裁判所事務総局総務局第一課長、最高裁判所上席調査官等を経て、2000年福島地方裁判所所長。2002年東京高等裁判所部総括判事。2005年神田公証役場公証人[1]

裁判[編集]

著書[編集]

出典[編集]


先代:
大内俊身
最高裁判所上席調査官(民事)
1995年 - 2000年
次代:
大橋寛明