伊藤茂昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 茂昭(いとう しげあき、1948年11月4日 - )は、日本弁護士シティユーワ法律事務所パートナー。東京弁護士会会長や、日本弁護士連合会副会長、関東弁護士会連合会理事長等を務めた。

人物・経歴[編集]

新潟県西頚城郡木浦村(現糸魚川市)生まれ[1]厚生労働省医政局長などを務めた伊藤雅治は兄[2]。1967年新潟県立高田高等学校卒業、新潟大学医学部入学[1]。新潟大学医学部で6年間学んだのち中退し[3][4]、1973年中央大学法学部入学。1976年旧司法試験合格。1977年中央大学法学部卒業。1980年弁護士登録、東京弁護士会入会[1]

1983年に伊藤茂昭法律事務所を設立。1993年には伊藤・松田法律事務所を東京シティ法律税務事務所に改称し、2003年にシティユーワ法律事務所へと改組した。日本弁護士連合会事務次長等を経て、2005年東京弁護士会副会長、日本弁護士連合会常務理事[1]

2006年三井ホーム監査役[5]中小企業庁事業承継協議会理事、日本貿易振興機構重要財産処分にかかわる審議委員会委員長。2007年生活協同組合コープとうきょう監事日本弁護士政治連盟幹事長[1]。2015年東京弁護士会会長、日本弁護士連合会副会長[6]法務省検察官適格審査会委員[7]。2016年日本弁護士政治連盟副理事長[6]。2020年関東弁護士会連合会理事長[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
先代:
高中正彦
東京弁護士会会長
2015年 - 2016年
次代:
小林元治
先代:
木村良二
関東弁護士会連合会理事長
2020年 - 2021年
次代:
海老原夕美