蓮池薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

蓮池 薫(はすいけ かおる、1957年9月29日 - )は、日本翻訳家新潟県柏崎市出身。1978年から2002年まで北朝鮮による日本人拉致問題の被害者として、北朝鮮で生活。新潟県立柏崎高等学校を経て[1][2]中央大学法学部卒業、新潟大学大学院修了、文学修士。新潟産業大学経済学部准教授新潮ドキュメント賞受賞。蓮池透の実弟。

人物[編集]

1978年7月31日、中央大学法学部3年在学中に、夏休みで実家に帰省していたところを[3]当時交際していた奥土祐木子とともに、新潟県柏崎市の海岸で北朝鮮工作員、通称チェ・スンチョル[4]並びに共犯者・自称韓明一(ハン・ミョンイル)こと通称ハン・クムニョン[4]及び通称キム・ナムジン[4]拉致され、24年間、北朝鮮での生活を余儀なくされる。祐木子と結婚、一男一女をもうける。

北朝鮮の2002年に出した報告書では1993年3月に自殺したとなっている横田めぐみさんと1994年まで同じ集落で暮らしていた。また、増元るみ子さんは1979年4月に結婚し81年に死亡したことになってるが、実際、蓮池の妻は増元さんと1978年秋から1979年10月25日まで一緒に暮らしていた。その1年間に3回引っ越しをし、最後は指導員から増元さんだけ引っ越しをさせるので荷物をまとめろと言われ、別れる時は車の窓を開け、招待所が見えなくなるまで手を振っていたので書類の示す時期には、増元さんは絶対結婚などしていないと覚えているため北朝鮮の報告書は嘘だと証言している[5]


2002年10月15日帰国後、2005年から学校法人柏専学院嘱託職員となり新潟産業大学韓国語の教育に従事するかたわら、2004年9月24日中央大学に復学[6]。勉学に励みながら翻訳者としての仕事をこなし、2005年に初訳書『孤将』を刊行。2008年3月、中央大学法学部卒業。卒業にあたり、「やはり悔しい。拉致という悲惨さを感じずにはいられなかった」[7]と心中を語った。

2008年4月から新潟産業大学国際センター特任講師、2009年から新潟産業大学経済学部特任講師、2010年から新潟産業大学経済学部専任講師。同年、新潟大学大学院現代社会文化研究科社会文化論専攻(韓国・朝鮮史博士前期課程入学。同修了、文学修士。2013年4月、准教授に昇格。

拉致される前からポピュラー音楽が好きで、帰国直前のNHKニュースでは音楽を聴く蓮池の写真が公開されている。帰国直後には兄である透に「CDは知らないだろ?」と言われ(その時、「馬鹿にするな!北朝鮮にもCDはある」と反論した事が、蓮池透著の「奪還」に書かれている)、ボブ・マーリーレーナード・スキナードのCDを見せられたり、南こうせつから『国境の風』を収録したMDをもらったりしている。

帰国後は日本各地で講演を行い、自身が拉致されてから帰国してからのことを語っている。その中で帰国後、24年ぶりに会った兄蓮池透赤坂プリンスホテルでの家族会議で大喧嘩をし、母親が喧嘩を止めないなら飛び降りると叱ってお通夜状態になった。』と語っているなど横田めぐみさんの母の早紀江さんなど救う会の対北政策について兄の透は意見がかなり異なっている[8][9]

過ごした経験上から北朝鮮にとって体制を維持することが最優先とされ、拉致問題においても今後起きる可能性が現実路線に備えて北が国際的に孤立していく中、日本も厳しい姿勢を取りつつも、いずれは対話ムードが生まれた時には北朝鮮が乗ってこられるよう軍事技術に転用されない見返りの積極的なインフラ整備支援策を提示しておくべきとの案を提示している。さらに「日本へ帰国して、本当に良かったと思っている。生活の豊かさ、便利さ、言論の自由が日本にはあるが北朝鮮での私たち(拉致された日本人)は、食糧は配給制、服など生活必需品は毎月支給される30ドル(約3000円)で賄ったなど生きがいもなかった。日本で人間らしい暮らしを取り戻すことが出来た自身のように北に残されている残された拉致被害者の方々にも早く帰国してほしい」と胸の内を語っている[10]

著書[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 高校野球2003”. スポーツナビ. 2012年10月16日閲覧。
  2. ^ 蓮池薫さんとの40分間彼が語り続けた全内容”. 北朝鮮に拉致された中大生を救う会. 2012年10月16日閲覧。
  3. ^ 蓮池薫さんが中大卒業へ”. 柏崎日報 (2008年3月4日). 2012年10月16日閲覧。
  4. ^ a b c 国際手配被疑者一覧 警察庁
  5. ^ [1]「「蓮池薫さん」が語った「北朝鮮の拉致解決にまだ打つ手はある」」2016年3月17日号,デイリー新潮
  6. ^ 蓮池薫さんが中央大に復学 以前と同じ学籍番号で”. 47news (2004年9月24日). 2012年10月16日閲覧。
  7. ^ 蓮池薫さん、中央大卒業 50歳で「悔しい」”. asahi.com (2008年3月26日). 2012年10月16日閲覧。
  8. ^ “蓮池透氏の著書「冷血な面々」に家族から怒りの声続出!「救出運動の邪魔しないで」「明らかにうそ。講談社も責任を!」”. 産経新聞. (2016年1月31日). http://www.sankei.com/premium/news/160130/prm1601300031-n1.html 
  9. ^ [2]「「夢 と 絆」  蓮池 薫氏」,2014年7月14日.
  10. ^ [3]「「蓮池薫さん」が語った「北朝鮮の拉致解決にまだ打つ手はある」」2016年3月17日号,デイリー新潮

関連項目[編集]