有田知徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

有田 知德(ありた ともよし、1948年2月1日 - )は、日本検察官弁護士最高検察庁公安部長を経て、高松高等検察庁検事長仙台高等検察庁検事長、福岡高等検察庁検事長を歴任した。

来歴・人物[編集]

兵庫県出身。1970年中央大学法学部卒業。1971年旧司法試験合格[1]。1974年神戸地方検察庁検事[2]東京地方検察庁特別捜査部副部長や、東京地方検察庁刑事部長を経て、1996年名古屋地方検察庁特別捜査部長。2001年秋田地方検察庁検事正[3]

2002年最高検察庁検事[4]。2004年名古屋地方検察庁検事正。2005年最高検察庁公安部長。2007年高松高等検察庁検事長。2008年仙台高等検察庁検事長。2009年福岡高等検察庁検事長[3]

2010年第一東京弁護士会弁護士登録、シティユーワ法律事務所入所、ゆうちょ銀行取締役[3]。2011年WDBホールディングス監査役。2014年リソー教育取締役。2015年ブラザー工業監査役。2016年福山通運取締役[2]。2018年WDBホールディングス取締役[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]


先代:
大塚清明
高松高等検察庁検事長
2007年 - 2008年
次代:
伊藤鉄男
先代:
鈴木芳夫
仙台高等検察庁検事長
2008年 - 2009年
次代:
増田暢也
先代:
栃木庄太郎
福岡高等検察庁検事長
2009年 - 2010年
次代:
三浦正晴