横山源之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横山源之助記念碑(魚津市大町海岸公園)

横山 源之助(よこやま げんのすけ、1871年4月10日明治4年2月2日) - 1915年大正4年)6月3日)は、富山県中新川郡魚津町(現・魚津市)出身のジャーナリスト。号は天涯茫々生。他に有磯逸郎・無膓・夢蝶・漂天痴童・樹下石上人といった筆名を用いた。

魚津の網元の家に私生児として生まれ、すぐに左官職人の家に養子に出される(横山はこの養父の姓)。1881年魚津明理小学校を卒業後、商家に住み込み奉公をしながら独学し、1885年富山県立富山中学校に1期生として入学。しかし2年生の時に中退、代言人(弁護士)を目指して上京し、英吉利法律学校(現・中央大学)に学ぶ。その後、弁護士試験を数度にわたって受験するが合格できず、各地を放浪する。この時期に二葉亭四迷内田魯庵幸田露伴らと知り合う。特に二葉亭四迷からは強い影響を受け、ルポライターを目指すきっかけとなった。

1894年、毎日新聞社(旧横浜毎日新聞、現在の毎日新聞とは無関係)に記者として入社。下層社会のルポルタージュを中心に活動をするようになる。この頃、下層社会の女性の救済を訴える立場から、晩年の樋口一葉のもとを何度か訪ね、親交を結んだ。

1896年から翌年にかけて、桐生足利、郷里魚津、阪神地方の調査を実施。帰京後、労働組合期成会に関与して、高野房太郎片山潜を知る。1899年、『日本之下層社会』、『内地雑居後之日本』を相次いで刊行。同年、過労に倒れて帰郷、毎日新聞社を退社する。

1900年、「職工事情」調査に加わった後、再び上京。大井憲太郎と労働者の海外出稼を計画するが失敗。以後、『海外活動之日本人』、『怪物伝』、『南米渡航案内』、『明治富豪史』、『凡人非凡人』をそれぞれ刊行。1912年にはブラジルに渡航し、『南米ブラジル』を執筆した。

1915年6月3日、東京・白山にて永眠した。

1987年、生家近くの魚津市新金屋公園に記念碑が建立された。碑には「社会福祉の先覚」と記されている。この記念碑はその後、「全集刊行によって郷土魚津にも取材した業績が明らかにされたのを機に」2008年に同市内の(米騒動発祥の地である)大町海岸公園に移設された[1]

全集は、明治文献が2巻を出して頓挫し(1972~1974)、また、社会思想社が3巻を出して中断し(2001~2004)、社会思想社版の残りを法政大学出版局が引き受け、2007年、全11巻が完結した。

脚注[編集]

  1. ^ 大町海岸公園にある記念碑の説明文による(「」内は引用)。

関連文献[編集]

  • 岩川隆『天涯茫々』潮出版社、1985年
  • 立花雄一
    • 『評伝 横山源之助―底辺社会・文学・労働運動』創樹社、1979年
    • 『横山源之助伝 下層社会からの叫び声』日本経済評論社、2015年(上記の改題再版)

外部リンク[編集]