佐久間貞一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐久間貞一

佐久間 貞一(さくま ていいち、弘化3年5月15日1846年6月8日) - 1898年明治31年)11月6日)は、江戸時代末期の幕臣明治時代の実業家。幼名は千三郎

経歴[編集]

弘化3年(1846年)5月15日(嘉永元年(1848年)とする説もある[1])、500石の旗本・佐久間甚右衛門の子として生まれる。

戊辰戦争期においては彰義隊に加盟していたが、隊から選抜されて徳川慶喜の蟄居先の水戸行きに随行している間に上野戦争が勃発し、本隊が壊滅する。奥羽越列藩同盟と合流すべく美賀保丸に乗船したが暴風の為に静岡へ流され、実戦には加わらなかった。

明治朝においては財界に転身し、明治9年(1876年)、宏仏海大内青巒保田久成らとの共同出資で秀英舎大日本印刷の前身)を創業する。その他、東京板紙会社、大日本図書、日本吉佐移民会社(日本郵船社長吉川泰次郎と1891年に設立した民間初の移民会社で、主に南洋への鉱山・砂糖労働者の契約移民送出を業務とした[2])、国民貯蓄銀行などの経営に携わったり、牛込区議会議員、東京市会議員、商工会議所議員など、政財界の要職を歴任するなどした。明治30年(1897年)には労働組合期成会評議員となり、労働組合の結成や工場法の制定を主張し、「日本のロバート・オウエン」とも称された[1]

墓所は円融寺

脚注[編集]

  1. ^ a b 『幕末維新大人名事典』上巻(新人物往来社、2010年)p.581-582
  2. ^ 移民会社と地方政党--熊本国権党の植民事業を中心として佐々博雄、国士館大学文学部人文学会紀要 (15), p61-80, 1983-01

参考文献[編集]

  • 『真説 上野彰義隊』中央公論社〈中公文庫〉、1998年12月18日。ISBN 4-12-203309-8