山田八千子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 八千子(やまだ やちこ)は、日本の法学者弁護士中央大学法科大学院教授。専門は法哲学民法

1978年神戸海星女子学院高等学校、1983年中央大学法学部法律学科、1990年同大学大学院法学研究科卒業。東京弁護士会に所属する弁護士のかたわら、1990年からは東洋大学法学部講師を務め、その後、1995年に同大学法学部助教授に昇任。2006年からは中央大学に移って、同大学法科大学院教授を兼任している。

著書[編集]

  • 『法の臨界Ⅲ』(共著、東京大学出版会、1999年)
  • 『市場の法文化』(共著、国際書院、2003年)
  • 『自由の契約法理論』(弘文堂)などがある。

訳書[編集]

  • バーネット『自由の構造』(共訳、木鐸社、2000年)などがある。

出典[編集]

  • 山田八千子『自由の契約法理論』(弘文堂、平成20年6月15日初版1刷発行)巻末記載の「著者紹介」による。