柳憲一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柳 憲一郎(やなぎ けんいちろう、1950年 - )は、日本法学者。専門は環境法明治大学法学部教授、元環境科学会会長。環境大臣表彰、日本土地環境学会学術賞、環境科学会学術賞受賞。

人物・経歴[編集]

神奈川県生まれ[1]東京都立戸山高等学校を経て[2]、1976年中央大学法学部法律学科卒業。1979年筑波大学大学院環境科学研究科環境科学専攻修士課程修了[3]。筑波大学第二学群助手や北海学園大学開発研究所客員研究員、信州大学経済学部兼任講師を経て、1989年北海学園北見女子短期大学経営学科助教授、1995年明海大学不動産学部助教授、その後、明海大学不動産学部教授を経て[4]、2004年明治大学法科大学院教授。2011年明治大学博士(法学)[3]。2018年明治大学法学部教授。

明治大学環境法センター長[4]東京都環境影響評価審議会会長[3]2020年東京オリンピック・パラリンピック環境アセスメント委員会会長[4]緑の地球防衛基金監事などを歴任。2010年環境科学会学術賞受賞。2011年日本土地環境学会学術賞受賞。2017年環境保全功労者環境大臣表彰[3][5]。同年第14代環境科学会会長[6]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「演習ノート 環境法 単行本 – 2010/8/1 」 - Amazon.co.jp
  2. ^ 明治大学 - 環境科学会
  3. ^ a b c d 「 柳 憲一郎 」明治大学
  4. ^ a b c 「コンパクト環境法政策 単行本 – 2015/4/8 」 - Amazon.co.jp
  5. ^ 「柳 憲一郎」researchmap
  6. ^ 環境科学会 会長あいさつ環境科学会