上廣倫理財団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上廣倫理財団
The Uehiro Foundation on Etihcs Education
創立者 上廣榮治
団体種類 公益財団法人(2013年7月3日)
設立 1987年4月
所在地 日本の旗 日本東京都千代田区
法人番号 7010005000062
起源 実践倫理宏正会
主要人物 上廣哲治
主眼 倫理の教育とその研究の振興
親団体 実践倫理宏正会
ウェブサイト http://www.rinri.or.jp/index.html
テンプレートを表示

公益財団法人 上廣倫理財団(うえひろりんりざいだん)は、1987年4月に設立された倫理の教育とその研究の振興を目的とする日本の団体[1]。大学などへの研究助成、著名人の講演の主催、作文コンクールなどの教育事業を行っている。東京都千代田区を本部とする[2]

2013年7月3日に公益認定を受け[2]公益財団法人となった[1]。代表は実践倫理宏正会上廣榮治[3]

資産額は1000億円以上(2013年度、2014年度)[4]。2006年より「早寝早起き朝ごはん」全国協議会会員[5]

事業[編集]

1987年から毎年「感動作文コンクール」を主催[6][1]

1992年、上廣道徳教育賞を創設。

2002年オックスフォード大学で Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics(オックスフォード上廣応用倫理センター)を発足させた[7][8]

2012年に、東京大学に2億円の寄付[9]寄付講座「上廣死生学・応用倫理講座」[10]、1億7500万円の寄付[11]で「上廣共生哲学寄付研究部門」[12]、1億7500万円の寄付で京都大学こころの未来研究センターこころ学研究部門[13]、125万ドルの寄付でハワイ大学マノア校にUehiro Academy for Philosophy and Ethics in Education[14]を発足させた。東北大学で「上廣歴史資料学研究部門」[15]を発足させた。

2013年に2億5千万円の寄付[16]京都大学iPS細胞研究所「上廣倫理研究部門」[17]を発足させた。

2014年に3億5千万円の寄付[9]東京大学附属図書館寄付講座「アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門」[18]を発足させた。

人物[編集]

2016年12月時点での会長は上廣榮治実践倫理宏正会前会長)[19]。2014年時点での事務局長は丸山登[18][5]

常勤職員数12名、役員数10名(うち3名常勤役員)[20]

出典[編集]

  1. ^ a b c http://www.rinri.or.jp/about.html
  2. ^ a b 法人プロフィール 法人インフォ
  3. ^ NOPODAS 公益財団法人上廣倫理財団 基本情報最終更新日:2013/12/01
  4. ^ NOPODAS 公益財団法人上廣倫理財団 財務情報最終更新日:2015/12/01
  5. ^ a b 「早寝早起き朝ごはん」運動について
  6. ^ "感動"作文コンクール (上廣倫理財団): 1988|書誌詳細|国立国会図書館サーチ
  7. ^ http://www.practicalethics.ox.ac.uk/about_us
  8. ^ 上廣カーネギーオックスフォード倫理会議 - 上廣倫理財団
  9. ^ a b 東京大学寄付講座・寄付研究部門設置状況(部局別)平成29年5月1日現在
  10. ^ 上廣死生学・応用倫理講座
  11. ^ 東京大学の概要-資料編-和文-2012 p.35
  12. ^ 【報告】上廣共生哲学寄付研究部門オープニングシンポジウム「Ethics in Change 新たな共生の方位」 2012.06.21 梶谷真司, 中島隆博, 石原孝二, 石井剛, 小林康夫, 星野太
  13. ^ 京大広報677号p.3640
  14. ^ $1.25 Million from Uehiro Foundation Promotes Philosophy for Young Minds By University of Hawaii - June 18, 2012
  15. ^ 紹介 - 上廣歴史資料学研究部門
  16. ^ 京大広報2013.4No. 688 3901ページ
  17. ^ 概要 京都大学 iPS細胞研究所 上廣倫理研究部門
  18. ^ a b 東京大学附属図書館に「アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門」が設置されました。(新図書館計画「アカデミック・コモンズ」)
  19. ^ 文部科学広報 205号 30/42 (平成28年12月号)
  20. ^ https://www.koeki-info.go.jp/pictis_portal/other/wpdl/files/kuni-zaiseki.xls

外部リンク[編集]