加藤秀俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加藤 秀俊(かとう ひでとし、1930年昭和5年)4月26日 - )は、日本の評論家社会学者文明論・メディア論・大衆文化論などで有名[要出典]1989年平成元年)に外務大臣賞1996年(平成8年)に郵政大臣賞を受賞。

来歴・人物[編集]

東京府豊多摩郡渋谷町に生まれ、東京府東京市渋谷区及び世田谷区下北沢で育つ。仙台陸軍幼年学校、旧制東京都立第六中学校(現東京都立新宿高等学校)4年修了を経て、1953年(昭和28年)東京商科大学(現一橋大学)を卒業(南博ゼミナール)。南は、歌舞伎関係者と「伝統芸術の会」を作って研究を行っており、歌舞伎の観客調査や、歌舞伎の脚本の内容分析などを行う。同大研究科に進学も中退。1976年(昭和51年)社会学博士(東洋大学)。

辰濃和男は大学の語学クラスの同級生。また伊東光晴らとともに新聞部で『一橋新聞』の編集に携わる。また、南が創設者の一人であった「思想の科学研究会」にも入会。またアルバイトで『映画評論』の編集も行い、佐藤忠男と知り合う。

青蘭女子商業高等学校で教鞭(西洋史)をとった後、1953年(昭和28年)京都大学人文科学研究所助手採用試験を受験。面接の結果は松尾尊兌(後に京大教授)に次ぐ第2位で不合格のはずだったが、松尾の健康上の問題等から助手に採用される。

1954年(昭和29年)、ハーバード大学に留学。ヘンリー・キッシンジャーデイヴィッド・リースマンらに学ぶ。 1955年(昭和30年)、リースマンの転勤についていきシカゴ大学へ。1959年(昭和34年)には、スタンフォード大学コミュニケーション研究所研究員になり、ウィルバー・シュラムのもと「国際コミュニケーション」の研究を行った。同年帰国するが4年後の1963年(昭和38年)から1年間、交換教授としてアイオワ州グリネル大学英語版で教鞭をとる。そこでの一年の経験は『アメリカの小さな町から』という本にまとめられている。

助手就任後は、他大学・他学部からの誘いを断り続け「大助手」と呼ばれる。当時は「京大人文研」の黄金時代であり、今西錦司桑原武夫藤岡喜愛川喜田二郎中尾佐助伊谷純一郎上山春平岩田慶治飯沼二郎和崎洋一多田道太郎樋口謹一梅棹忠夫佐々木高明米山俊直谷泰山田稔高橋和巳らと交流し、自由な学際的な研究や、緻密なフィールド・ワークを体験する。特に加藤は梅棹、川喜田、多田、藤岡、佐々木、米山と親交が深くなり、米山とは共著で『北上の文化―新遠野物語―』を出している。また産経新聞に勤務時代の司馬遼太郎とも知り合う。

1967年(昭和42年)には、梅棹忠夫小松左京林雄二郎川添登と「未来学研究会」を結成。1967年(昭和42年)、中山伊知郎を会長に「日本未来学会」を結成し、1970年(昭和45年)には「国際未来学会議」を日本で開催した。

また「未来学研究会」の仲間と「万国博を考える会」も結成し、大阪万博のテーマや理念を検討。1968年(昭和43年)にはモントリオールでひらかれていた世界博を視察。小松、粟津潔泉眞也らと、万国博の娯楽施設のプランもつくった。

1969年(昭和44年)1月京都大教育学部助教授(比較教育学)に就任したが、翌1970年(昭和45年)大学紛争で京都大を辞職。同年ハワイ大学東西文化センターのコミュニケーション研究所創設に伴い同所長就任要請を受けるが断り、行政的義務や時間的拘束のない同研究所の高等研究員に就任。

1971年(昭和46年)から1974年(昭和49年)にかけては今西錦司に誘われ、東レがスポンサーの「環境問題研究会」に藤井隆、東畑精一松本重治らと参加。研究成果は『人類とその環境』(講談社)にまとめられた。

また、今和次郎が1972年(昭和47年)「日本生活学会」を創立すると川添登らとともに発起人として参加する。

また、1974年(昭和49年)、永井道雄が三木内閣の文部大臣に就任すると、私的諮問機関として「文明問題懇談会」が組織された。座長は桑原武夫、そして世話役は中根千枝と加藤。他に、藤井隆、中村元梅棹忠夫梅原猛吉川幸次郎ドナルド・キーンらが参加。その討議の内容は『歴史と文明の探求』上下二巻(中央公論社)にまとめられた。

その後は学習院大学教授、放送大学教授、中部大学教授・理事・学監・中部高等学術研究所所長・顧問、国際交流基金日本語国際センター所長、日本育英会(現日本学生支援機構)会長、日本ユネスコ国内委員会副委員長等を歴任。

中央公論社から著作集が出ている(1980-81年)。訳書にリースマン『孤独な群衆』など。

産経新聞正論」欄の論客でもある。

「音読みには漢字を、訓読みにはひらがなを使う」という原則のもと、漢字を多用しないため、文章にはひらがなが目だつ。その理由や表記の方針については、著書『自己表現』『なんのための日本語』(いずれも中公新書)に詳しい。

慶應義塾大学教授を務める加藤文俊は長男。

職歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『マス・コミュニケイション』(大日本雄弁会講談社[ミリオンブックス] 1957年)
  • 『中間文化』(平凡社 1957年)
  • 『テレビ時代』(中央公論社・中央公論文庫 1958年)
  • 『眼と耳の世界』(朝日新聞社 1962年)
  • 『整理学――忙しさからの解放』(中央公論社中公新書] 1963年)
  • 『見世物からテレビへ』(岩波書店岩波新書] 1965年)
  • 『アメリカの思想』(日本放送出版協会[NHKブックス] 1965年)
  • 『アメリカの小さな町から』(朝日新聞社 1965年/朝日選書 1977年)
  • 『人間関係――理解と誤解』(中央公論社[中公新書] 1966年)
  • 『アメリカ人―その文化と人間形成』(講談社[講談社現代新書] 1967年)
  • 『人間開発――労働力から人材へ』(中央公論社[中公新書] 1968年)
  • 『比較文化への視角』(中央公論社 1968年)
  • 『都市と娯楽』(鹿島出版会 1969年)
  • 『イギリスの小さな町から』(朝日新聞社 1969年/朝日選書 1975年)
  • 『生きがいの周辺』(文藝春秋 1970年/文春文庫 1978年)
  • 『自己表現――文章をどう書くか』(中央公論社[中公新書] 1970年)
  • 『日本の視聴覚文化 発想の諸形式』(東芝教育技法研究会[TETA新書] 1971年)
  • 『暮しの思想(正・続)』(中央公論社 1971・73年/中公文庫 1976・77年/中公文庫クラシック 2011年)
  • 『生活考 くらしをかんがえる』(文化出版局 1971年/角川書店角川文庫] 1980年)
  • 『南アジア旅行記』(日本交通公社 1971年)
  • 『文化とコミュニケイション』(思索社 1971年/増補改訂版 1977年)
  • 『情報行動』(中央公論社[中公新書]1972年)
  • 『日常性の社会学』(文化出版局 1974年/角川書店[角川文庫] 1979年)
  • 『ホノルルの街かどから』(中央公論社 1974年/中公文庫 1979年)
  • 『独学のすすめ――現代教育考』(文藝春秋 1975年/文春文庫 1978年/ちくま文庫 2009年)
  • 『取材学――探究の技法』(中央公論社[中公新書] 1975年)
  • 『日本人の周辺』(講談社[講談社現代新書]1975年)
  • 『空間の社会学』(中公叢書 1976年)
  • 『メディアの周辺』(文藝春秋 1976年)
  • 『明治・大正・昭和食生活世相史』(柴田書店 1977年)
  • 『習俗の社会学』(PHP研究所 1978年/角川書店[角川文庫] 1981年/PHP文庫 1991年)
  • 『食の社会学』(文藝春秋 1978年)
  • 『文芸の社会学』(PHP研究所 1979年/PHP文庫 1989年)
  • 『企画の技法』(中央公論社[中公新書] 1980年)
  • 『衣の社会学』(文藝春秋 1980年)
  • 『一年諸事雑記帳』(文春文庫 1981年)
  • 『「東京」の社会学』(PHP研究所 1982年/PHP文庫 1990年)
  • 『生活リズムの文化史』([講談社現代新書] 1982年)
  • 『新・旅行用心集』(中央公論社[中公新書] 1982年)
  • 『組織と情報の文明論』(PHP研究所 1982年)
  • 『にっぽん遊覧記』(文藝春秋 1982年)
  • 『わが師・わが友――ある同時代史』(中央公論社 1982年)
  • 『技術の社会学』(PHP研究所 1983年)
  • 『余暇の社会学』(PHP研究所 1984年/PHP文庫 1988年)
  • 『紀行を旅する』(中央公論社 1984年/中公文庫 1987年)
  • 『子どもの文化史 現代人が子どもから学ぶ基礎知識』(チャイルド本社 1984年)
  • 『パチンコと日本人』(講談社[講談社現代新書] 1984年)
  • 『一世紀の肖像 榊田喜三翁伝』(京都信用金庫 1984年)
  • 『文化の社会学』(PHP研究所 1985年)
  • 『電子時代の整理学――事務機器を点検する』(中央公論社[中公新書] 1985年)
  • 『比較経済・経営・社会――多様化する組織のなかで』(放送大学教育振興会 1986年)
  • 『家庭の本質』(放送大学教育振興会 1986年)
  • 『地域社会学』(放送大学教育振興会 1987年)
  • 『地域と生活』(放送大学教育振興会 1987年)
  • 『時間意識の社会学――時間とどうつきあうか』(PHP研究所 1987年)
  • 『人生にとって組織とはなにか』([中公新書] 1990年)
  • 『「見物」の精神』(PHP研究所 1990年)
  • 『人生のくくり方―折目・節目の社会学』(日本放送出版協会[NHKブックス] 1995年)
  • 『暮らしの世相史―かわるもの、かわらないもの』([中公新書] 2002年)
  • 『多文化共生のジレンマ―グローバリゼーションのなかの日本』(明石書店 2004年)
  • 『なんのための日本語』([中公新書] 2004年)
  • 『隠居学 おもしろくてたまらないヒマつぶし』(講談社 2005年/講談社文庫 2011年)
  • 『世間にまなぶ 歴史社会学雑纂』(中央公論新社 2006年)
  • 『続 隠居学』(講談社 2007年)
  • 『メディアの発生 聖と俗をむすぶもの』(中央公論新社、2009年) 
  • 『常識人の作法』(講談社、2010年)
  • 『メディアの展開 情報社会学からみた「近代」』(中央公論新社、2015年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『新しいアメリカ』(日本放送出版協会, 1963年)
  • Japanese Popular Culture: Studies in Mass Communication and Cultural Change, (Greenwood Press, 1973).
  • 『アメリカ歴史技術博物館――フロンティアとアメリカの文明』(講談社, 1978年)
  • 『紛争の研究』(農山漁村文化協会, 1979年)
  • 『人間と社会』(放送大学教育振興会, 1985年)
  • 『比較経済・経営・社会――多様化する組織のなかで』(放送大学教育振興会, 1986年)
  • 『家庭の本質』(放送大学教育振興会, 1986年)
  • 『日本の環境教育』(河合出版, 1991年)
  • 『企業と自然環境』(総合法令, 1992年)
  • 『企業と文化』(総合法令, 1993年)

共編著[編集]

  • 大橋健三郎斎藤真)『講座アメリカの文化(1-6)』(南雲堂, 1969年-1972年)
  • 針生一郎)『参加する大衆』(学研, 1970年)
  • 太田武男井上忠司)『家族問題文献集成――戦後家族問題研究の歩み』(京都大学人文科学研究所, 1970年-1972年)
  • 桑原武夫中根千枝)『歴史と文明の探求――文明問題懇談会全記録(上・下)』(中央公論社, 1976年)
  • 菊竹清訓)『都市の研究』(放送大学教育振興会, 1988年)
  • Handbook of Japanese Popular Culture, co-edited with Richard Gid Powers, (Greenwood Press, 1989).
  • 亀井俊介)『日本とアメリカ――相手国のイメージ研究』(日本学術振興会, 1991年)
  • 熊倉功夫)『外国語になった日本語の事典』(岩波書店, 1999年)
  • 林雄二郎)『フィランソロピーの橋――こころ豊かな社会を築くために』(TBSブリタニカ, 2000年)
  • 小松左京)『学問の世界――碩学に聞く』(講談社[講談社学術文庫], 2002年)

訳書[編集]

著作集[編集]

  • 『加藤秀俊著作集(全12巻)』(中央公論社, 1980-1981年)
    • 1巻「探求の技法」
    • 2巻「人間関係」
    • 3巻「世相史」
    • 4巻「大衆文化論」
    • 5巻「時間と空間」
    • 6巻「世代と教育」
    • 7巻「生活研究」
    • 8巻「比較文化論」
    • 9巻「情報と文明」
    • 10巻「人物と人生」
    • 11巻「旅行と紀行」
    • 12巻「アメリカ研究」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]