伊東光晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊東光晴
近代経済学
生誕 (1927-09-11) 1927年9月11日(90歳)
研究分野 理論経済学マクロ経済学経済政策
影響を
受けた人物
杉本栄一、中山伊知郎、都留重人
影響を
与えた人物
村田修造中村達也渡会勝義岡敏弘岩本武和根井雅弘井上義朗依田高典服部茂幸広瀬弘毅
テンプレートを表示

伊東 光晴(いとう みつはる、1927年9月11日 - )は、日本経済学者京都大学名誉教授復旦大学(中国)名誉教授、福井県立大学名誉教授。専門は理論経済学。東京都出身。

活動[編集]

杉本栄一の影響の下、マルクス主義を介した理論経済学の研究に従事する。1960年代から80年代にかけては市民の立場に立ったテレビ解説でも知られた[要出典]

敗戦により、社会のロマンを解こうと経済学の道に入る。経済学の理論的・思想的研究、現代資本主義論の研究を進めた。経済学に技術の問題、経営の問題が抜けていることをいち早く指摘。とりわけ、経済企画庁(現・内閣府) ― 国民生活審議会 では、第1次から長年にわたり委員をつとめた[1]。 また、「エコノミスト賞」選考委員会委員長(~第47回)をつとめた。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

学外における役職[編集]

1978年から1983年まで理論経済学会理事、1985年経済学史学会幹事、1986年経済政策学会常任理事。

日本学術振興会学術顧問、郵政省電気通信審議会NTT特別部会長、厚生省中央社会保険医療協議会調査実施小委員会委員長、厚生省少子・高齢社会看護問題検討会座長、厚生省歯科医師の需給に関する検討会座長、経済企画庁国民生活審議会委員、財団法人生命保険文化センター評議員、毎日新聞社「エコノミスト賞」選考委員会委員長などを歴任。

受賞歴・叙勲歴[編集]

主張[編集]

  • 岩田規久男が主張する通貨供給量の増加に伴う「人々の期待に働きかけ」を「おまじないのような話」「戦争中の『皇道経済学』」と批判している[2]
  • 原発について「原子力発電の最大の問題は廃棄物の処理ができないことある。現在(2014年)、放射性物質を除去・分解する技術はない」と指摘している[3]

批判[編集]

弟子[編集]

弟子に村田修造(元大阪成蹊短期大学教授)、中村達也(中央大学名誉教授)、渡会勝義(元早稲田大学教授)、岡敏弘(福井県立大学教授)、岩本武和(京都大学教授)、根井雅弘(京都大学教授)、井上義朗(中央大学教授)、依田高典(京都大学教授)、服部茂幸(同志社大学教授)、広瀬弘毅(福井県立大学准教授)らがいる[要出典]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『経済学入門-激動する現代資本主義の核はなにか-』(光文社<カッパ・ブックス>、1962年)
  • 『ケインズ:“新しい経済学”の誕生』(岩波新書、1962年)
  • 『大量消費時代:消費革命・流通革命・産業構造』(河出書房、1964年)
  • 『近代価格理論の構造:競争・寡占・独占』<現代経済学叢書>(新評論、1965年)
  • 『新しいインフレーション:現代資本主義と日本経済の病』(河出書房、1966年)
  • 『保守と革新の日本的構造』(筑摩書房、1970年)
  • 『現代の資本主義:やさしい経済セミナー』(筑摩書房、1971年)
  • 『生活のなかの経済学』(朝日新聞社1972年)のち講談社学術文庫 
  • 『現代経済を考える』(岩波新書、1973年)
  • 『君たちの生きる社会』(筑摩書房<ちくま少年図書館>、1978年)のち文庫 
  • 『行革:臨調答申をどう読むか』(岩波ブックレット、1982年)
  • 『人類の知的遺産 ケインズ』(講談社、1983年)のち学術文庫 
  • 『経済学は現実にこたえうるか:日本経済への政策提言』(岩波書店、1984年)
  • 『現代の資本主義-やさしい経済セミナー-』(筑摩書房、1984年)
  • 『転換期の日本経済』(日本放送出版協会、1985年)
  • 『現実のなかの経済学:経済戯評』(岩波書店、1987年)
  • 『技術革命時代の日本:経済学は現実にこたえうるか』(岩波書店、1989年)
  • 『日本経済と産業と企業』放送大学、1992年)
  • 『岩波市民大学 人間の歴史を考える(15)/21世紀の世界と日本』岩波書店、1995年 )
  • 伊東光晴経済学を問う 全3巻 岩波書店 1997-98
  • 『サービス産業論:サービス産業と公共政策』放送大学、1996年)
  • 『「経済政策」はこれでよいか:現代経済と金融危機』(岩波書店、1999年)
  • 『日本経済の変容:倫理の喪失を超えて』(岩波書店、2000年)
  • 『現代に生きるケインズ:モラル・サイエンスとしての経済理論』(岩波新書、2006年)
  • 『日本経済を問う―誤った理論は誤った政策を導く』(岩波書店、2006年)
  • 『政権交代の政治経済学:期待と現実』(岩波書店、2010年)
  • 『日本の伏流:時評に歴史と文化を刻む』(筑摩書房、2011年)
  • 『原子力発電の政治経済学』(岩波書店、2013年)
  • 『アベノミクス批判――四本の矢を折る』(岩波書店、2014年)
  • 『ガルブレイス:アメリカ資本主義との格闘』(岩波新書、2016年)

共著[編集]

  • 『住みよい日本-国民生活の診断-』(柴田徳衛、長洲一二、野口雄一郎、宮本憲一、吉田震太郎との共著、岩波書店、1964年)
  • 『経済学のすすめ』<学問のすすめ3>(佐藤金三郎との共著、筑摩書房、1968年)
  • 『昭和史の瞬間』上・下<朝日選書11・12>(朝日ジャーナル編、朝日新聞社、1974年)
  • 『世界の企業-アメリカの産業と企業-』<シリーズ比較企業体制2>(石川博友との共著、筑摩書房、1975年)
  • 『世界の企業-フランス・イタリアの政府と企業-』<シリーズ比較企業体制3>(石川博友との共著、筑摩書房、1975年)
  • 『世界の企業-西ドイツの経済と産業-』<シリーズ比較企業体制4>(石川博友との共著、筑摩書房、1975年)
  • 『世界の企業-国際企業社会と日本-』<シリーズ比較企業体制5>(石川博友との共著、筑摩書房、1976年)
  • 『日本の経済風土』(助川顕、長幸男、平田清明、三戸公、西山忠範、飯沼二郎、杉岡碩夫、松下圭一との対談集、日本評論社、1978年)
  • 『戦後世界史の断面』上・中・下<朝日選書123・124・125>(朝日ジャーナル編、朝日新聞社、1978―1979年)
  • 『国鉄を考える』(井上ひさしとの共著、岩波書店<岩波ブックレット>9、1986年)
  • シュンペーター-孤高の経済学者-』(根井雅弘との共著、岩波書店<岩波新書>(273)、1993年)

編著[編集]

  • 『岩波講座 現代都市政策』Ⅰ~ⅩⅠ、別巻(篠原一,松下圭一,宮本憲一と共編著、岩波書店 1972-1973年)
  • 『変貌する資本主義』<現代人の思想11>(相良竜介と共編著、平凡社 1967年)
  • 『明日の産業社会』<現代人の思想12>(相良竜介と共編著、平凡社 1967年)
  • 『列島改造と公害』<ドキュメント昭和史8>(平凡社、1975年)
  • 『戦後思想の潮流』(城塚登,判沢弘,山田宗睦と共編著、新評論 1978年)
  • 『地方自治の潮流』(学陽書房、1979年)
  • 『地方財政の再生と経営』(学陽書房、1980年)
  • 『情報通信の発展とNTTの今後』(日本評論社、1996年)
  • 『岩波 現代経済学事典』(岩波書店、2004年)
  • 『老いの発見』全5巻(河合隼雄,副田義也,鶴見俊輔,日野原重明と共編著、岩波書店 1986-1987年)

著作集[編集]

  • 『伊東光晴/経済学を問う 1:現代経済の理論』(岩波書店、1998年)
  • 『伊東光晴/経済学を問う 2:現代経済の変貌』(岩波書店、1997年)
  • 『伊東光晴/経済学を問う 3:現代経済の現実』(岩波書店、1998年)

その他[編集]

京都大学最終講義「経済学40年」は、京都大学定年退官を記念して編まれた論文集である根井雅弘・西村周三編著『現代経済学の再検討』(日本評論社、1992年)に収められている。

佐藤金三郎の遺著『マルクス遺稿物語』(岩波新書、1989年)は、伊東も一部執筆している[5]

脚注[編集]

  1. ^ 国民生活審議会歴代委員
  2. ^ 書評 アベノミクス批判-四本の矢を折る 著 伊東光晴 評者 水野和夫(日本大学教授・経済学)BOOK.asahi.com 2014年10月12日
  3. ^ 経済学者伊東光晴氏「聞きかじりだから安倍首相は嘘をつく」日刊ゲンダイ 2014年8月10日
  4. ^ 中央公論』2015年3月号、p195
  5. ^ 伊東光晴「まえがき」 佐藤金三郎著『マルクス遺稿物語』 岩波新書、1989年、ⅱ-ⅲ