城塚登

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

城塚 登(しろつか のぼる、1927年7月20日 - 2003年4月28日)は、日本の倫理学者社会思想史家、東京大学教養学部名誉教授。

略歴[編集]

東京都生まれ。東大文学部哲学科倫理学専攻卒、同大学院中退、1957年東大教養学部専任講師、1959年助教授、1969年教授(社会思想史)、1988年定年退官、共立女子大学学長を務めた。日本倫理学会会長など。

ドイツの哲学、社会思想を研究、ヘーゲルマルクスからフランクフルト学派まで幅広く著述を行なった。

著書[編集]

  • 社会主義思想の成立 若きマルクスの歩み 弘文堂 1955
改訂版『若きマルクスの思想 社会主義思想の成立』勁草書房、1986

共編著[編集]

  • 青年と思想 淡野安太郎、松田ふみ子共著 文教書院 1961
  • 社会思想史入門 編 有斐閣 1965
  • 実存と社会 倫理学の基本問題 小倉志祥共編 東京大学出版会 1965
  • 社会倫理の探究 淡野安太郎共編 勁草書房 1968
  • 拒絶の精神 マルクーゼの全体像 大光社 1969
  • 論理学のすすめ 大森荘蔵共編 筑摩書房 1971
  • 西洋哲学史 有斐閣双書 1973
  • 社会思想史の展開 北樹出版 1986
  • ヘーゲル社会思想と現代 濱井修共編 東京大学出版会 1989
  • 社会思想史の構図 八千代出版 1989
  • 社会思想史上のマルクス 共著 情況出版 1993
  • 現代哲学への招待 哲学は現代の課題にどう答えるか 有斐閣選書 1995

翻訳[編集]

  • 実存主義かマルクス主義か ジェルジ・ルカーチ 生松敬三共訳 岩波書店 1953
  • 三つの戦術 革命論の思想的背景 S.ムーア 岩波書店 1964
  • 経済学・哲学草稿 カール・マルクス 田中吉六共訳 岩波文庫 1964
  • 開かれた哲学と開かれた社会 カール・ポパー批判 モーリス・コーンフォース 共訳 紀伊国屋書店 1972
  • ユダヤ人問題によせて・ヘーゲル法哲学批判序説 マルクス 岩波文庫 1974
  • 歴史と階級意識 ルカーチ 古田光共訳 白水社 1975
  • 社会科学の論理 ドイツ社会学における実証主義論争 アドルノ、ポパー他 濱井修共訳 河出書房新社 1979
  • 芸術の哲学 ハイデルベルク美学論稿1912-1914 ジョルジ・ルカーチ 高幣秀知訳 紀伊国屋書店 1979
  • 批判理論の貧困 アドルノマルクーゼハーバーマスへの内在的批判 ギュンター・ロールモーザー 竹村喜一郎訳 理想社 1983