西村周三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西村 周三
生誕 (1945-10-07) 1945年10月7日(75歳)
研究機関 (機関)国立社会保障・人口問題研究所
研究分野 医療経済学
母校 京都大学経済学部
大学院経済学研究科博士課程
影響を
与えた人物
大竹文雄
齊藤誠
依田高典
テンプレートを表示

西村 周三(にしむら しゅうぞう、1945年10月7日[1] - )は、日本の経済学者京都大学名誉教授。2020年度より京都先端科学大学経済経営学部長。専門は医療経済学。同分野の日本における草分け的存在の一人である。

国立社会保障・人口問題研究所所長、医療経済研究機構所長を歴任。医療経済学会の初代会長を務めた。

経歴[編集]

京都府出身[1]洛星高等学校を経て、1969年京都大学経済学部卒業、1972年同大学院博士課程中退、1988年「医療の経済分析」で経済学博士取得。京都大学助教授、同教授(大学院教授)、副学長を経て京都大学定年退職。

著書[編集]

  • 現代医療の経済学的分析(1977、メヂカルフレンド社)
  • 病院化社会の経済学 現代医療システムはあなたの明日をどこまで保障できるか(1983年、PHP研究所)
  • 医療の経済分析(1987年、東洋経済新報社)
  • 応用ミクロ経済学 経済心理学入門 (1989年、有斐閣)
  • 医療と福祉の経済システム(ちくま新書、1997年)
  • 保険と年金の経済学(2000年、名古屋大学出版会)

共編著[編集]

  • 現代経済学の再検討 根井雅弘共編著 日本評論社 1992.1
  • 超高齢社会と向き合う 田尾雅夫、藤田綾子共編 名古屋大学出版会、2003
  • 医療技術・医薬品 池上直己共編著 勁草書房 2005.11
  • 医療経済学の基礎理論と論点 田中滋、遠藤久夫共編著 勁草書房 2006.6
  • 行動健康経済学 人はなぜ判断を誤るのか 依田高典、後藤励共著 日本評論社 2009.3
  • メタボリアン改造計画、武田和夫、森谷敏夫、坂根直樹共著 日本放送出版協会 2009.4
  • 社会保障を日本一わかりやすく考える 国民の最大関心事! 井野節子共編著 PHP研究所 2009.9
  • 社会保障と経済 1-3 宮島洋京極高宣共編 東京大学出版会 2009-2010

翻訳[編集]

  • 経済モデルの基礎 A.R.バーグストロム 佐和隆光共訳 東洋経済新報社 1974
  • 高齢化社会をどうとらえるか 医療社会学からのアプローチ ウィリアム C.コッケルハム 中野進監修 家森幸男、服部裕之共訳 ミネルヴァ書房 2008.11

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.334
  2. ^ 概要”. NPO法人 エビデンスベーストヘルスケア協議会. 2019年10月21日閲覧。
先代:
大森彌
厚生労働省社会保障審議会会長
2013年 - 2019年
次代:
遠藤久夫