松尾匡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
松尾 匡
マルクス経済学
生誕 (1964-07-25) 1964年7月25日(54歳)
国籍 日本の旗 日本
研究機関 (機関)立命館大学
研究分野 理論経済学
母校 金沢大学
神戸大学
影響を
受けた人物
置塩信雄
受賞 第3回河上肇賞奨励賞(2007)
テンプレートを表示

松尾 匡(まつお ただす、1964年昭和39年)7月25日 - )は、日本経済学者。専門は理論経済学。立命館大学経済学部教授。博士(経済学)神戸大学1992年)。石川県出身。

人物[編集]

金融緩和を重視し、自身の立場をマルクス経済学者と位置付ける[1]置塩信雄の晩年の弟子であり、数理モデル分析やゲーム理論マルクス経済学に応用する。

主な研究テーマは、

と多岐にわたる。

経歴[編集]

受賞[編集]

  • 2007年、『商人道ノスヽメ』により第三回「河上肇賞奨励賞」を受賞[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『セイ法則体系--マルクス理論の性格とその現代経済学体系への位置付け』1996年3月 (九州大学出版会)
  • 『標準マクロ経済学--ミクロ的基礎・伸縮価格・市場均衡論で学ぶ』1999年11月 (中央経済社)
  • 『近代の復権--マルクスの近代観から見た現代資本主義とアソシエーション』 2001年2月 (晃洋書房)
  • 『はるかさんとラピート君の 入門 今どきの経済――国家から市場へ、そして…』 2001年5月 (晃洋書房)
  • 『「はだかの王様」の経済学--現代人のためのマルクス再入門』 2008年4月 (東洋経済新報社
  • 『商人道ノスヽメ』 2009年6月 (藤原書店
  • 『対話でわかる痛快明解 経済学史』 2009年8月 (日経BP社
  • 『不況は人災です! みんなで元気になる経済学・入門(双書Zero)』 2010年7月 (筑摩書房
  • 『マルクス経済学 (図解雑学シリーズ)』 2010年10月 (ナツメ社
  • 『新しい左翼入門--相克の運動史は超えられるか』 2012年7月 (講談社現代新書
  • 『ケインズの逆襲、ハイエクの慧眼--巨人たちは経済政策の混迷を解く鍵をすでに知っていた』 2014年11月 (PHP新書
  • 『この経済政策が民主主義を救う--安倍政権に勝てる対案』 2016年1月 (大月書店
  • 『自由のジレンマを解く--グローバル時代に守るべき価値とは何か』 2016年2月 (PHP新書

共著[編集]

  • 『市民参加のまちづくり--NPO・市民・自治体の取り組みから』西川芳昭,伊佐淳共編著 2001年10月 (創成社) 序章、第13章「イベント・コンベンションの経済波及効果の正しい推計法」執筆、および第8章、第11章のまとめ・注担当
  • 『マルクスの使いみち』稲葉振一郎,吉原直毅共著 2006年3月 (太田出版)
  • 『市民参加のまちづくり【英国編】--イギリスに学ぶ地域再生とパートナーシップ』西川芳昭,伊佐淳共著 2006年5月 (創成社) 第5章「タウンモビリティの経済的意義」執筆、および第4章のまとめと補足
  • 『市民参加のまちづくり【コミュニティ・ビジネス編】--地域の自立と持続可能性』西川芳昭,伊佐淳共著 2007年1月 (創成社) 第9章「市民事業の経済倫理としての商人道」、あとがき
  • 『市民参加のまちづくり【グローカル編】--コミュニティへの自由』西川芳昭,伊佐淳共著 2013年3月 (創成社) はじめに、第1章「コミュニティからの変革の政治哲学的基礎付け--リベラル風コミュニタリアンの蹉跌を超えて」
  • 『これからのマルクス経済学入門』橋本貴彦共著 2016年3月 (筑摩書房)筑摩選書
  • 『ポスト「アベノミクス」の経済学 転換期における異議申し立て』金子勝共著, 立命館大学社会システム研究所 編. かもがわ出版, 2017
  • 『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう レフト3.0の政治経済学』ブレイディみかこ,北田暁大共著 亜紀書房 2018

翻訳[編集]

  • ビクトール・A・ペストフ『市場と政治の間で--スウェーデン協同組合論』 共訳 1996年9月 (晃洋書房) 第2章、第9章、第10章、第11章を担当
  • ハンス・ブレムス『経済学の歴史 1630-1980--人物・理論・時代背景』 共訳 1996年5月 (多賀出版) 第三部担当

脚注[編集]

  1. ^ 左派こそ金融緩和を重視するべき 松尾匡・立命館大教授朝日新聞デジタル 2015年2月16日
  2. ^ 河上肇賞藤原書店

参考文献[編集]

外部リンク[編集]